綾瀬はるか、16歳の自分と共演!「いつかはバサッと切ってみたい」

最新ニュース

「“あの頃のバージンヘア”の輝き篇」で16歳の頃の自分と共演した綾瀬はるか
  • 「“あの頃のバージンヘア”の輝き篇」で16歳の頃の自分と共演した綾瀬はるか
女優の綾瀬はるかが、8年目の出演となるヘアケアブランド「パンテーン」の最新CMの中で、16歳の頃の写真が初公開されていることが明らかとなった。

映画『海街diary』や三谷幸喜監督の『ギャラクシー街道』、NHKで放送される大河ファンタジー「精霊の守り人」など大作への出演が続き、いまや日本を代表する女優のひとりとなった綾瀬さん。本CMの中で16歳の頃の綾瀬さんの“写真”と共演を果たしている。

綾瀬さんが出演したのは“あの頃のバージンヘア”の輝きを叶える新CM。必須アミノ酸「ヒスチジン」を配合し、外側のダメージ補修だけでなく、内側に潜むダメージの原因まで取り去ってくれる新パンテーンシリーズにちなみ、カラーリングやパーマでダメージを受ける前の中学や高校時代の頃を思い出しながらそのままで美しい髪型をふり返る。撮影は、2015年5月、都内某所スタジオで実施。監督からの数々の注文にも笑顔で答え、時には現場スタッフ全員を笑顔にさせるようなキュートなダンスを披露したり、外国人スタッフと外国語でコミュニケーションをとるなど、終始楽しい雰囲気で撮影が進行していたという。

撮影が深夜に近づいてきたころには、まるでランウェイのようなセットの中でウォーキングをしながらカメラに近づいてきた綾瀬さんはカットの声がかかったところ、突然、キュートなダンスと投げキッスをするなど少し照れながらもおどけてみせたりもしていたようだ。

このたび撮影されたCM「“あの頃のバージンヘア”の輝き篇」にちなんで、綾瀬さんの「あの頃」について話を聞いてみると「部活をしていたので、中学校の頃はショートへアでした。走るのは、早かったです。勉強も好きでした」と明かした。さらに役づくりと髪型の関連性を尋ねられると、「髪型も衣装もそうですが、気分が変わるので役に入りやすくさせてくれるひとつのアイテムだと思います」「中学校くらいのころのように、一度バサッと切ってみたいです」と願望も明かした。

海外セレブの間でも、“究極の普通”という意味の「ノームコア」ファッションが流行ったり、ソフィア・コッポラやズーイー・デシャネルのように肩肘を張らない、どこか抜け感のある自然なスタイルがトレンドとなっている。ファッションだけでなく、ヘアスタイルでも、どこかに“ゆるさ”を感じる「エフォートレス」な仕上がりが今年のトレンドになっているが、ただの手抜きに見えてしまわぬようにするには髪の“質”も重要になってくるのかもしれない。

「“あの頃のバージンヘア”の輝き篇」は現在放映中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top