広末涼子、一青窈の主題歌に「涙が止まらなくなった」

映画

『はなちゃんのみそ汁』 (c)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
  • 『はなちゃんのみそ汁』 (c)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
  • 『はなちゃんのみそ汁』ポスタービジュアル (c)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
  • 広末涼子&滝藤賢一&一青窈(主題歌担当)&阿久根知昭(監督)&安武はなさん(本作のモデル)&その父・信吾さん/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 広末涼子/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 滝藤賢一/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 一青窈(主題歌担当)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
がんでこの世を去った母と5歳の娘と夫、その家族の日々をつづったブログを基にしたエッセイを、広末涼子主演で映画化した『はなちゃんのみそ汁』。このほど、一青窈が書き下ろした主題歌「満点星」が彩る待望の予告編が解禁となった。

ある日、乳がんを宣告された千恵(広末さん)。見えない不安に怯える千恵に、恋人の信吾(滝藤賢一)は優しく寄り添いプロポーズ、2人は晴れて夫婦となる。やがて、抗がん剤治療の影響で卵巣機能が低下し、出産をあきらめていた千恵に、妊娠が判明。自らの命を懸けて、“はな”を無事出産した千恵だったが、病魔が再び彼女を襲う。「私がいなくなっても、はなが暮らしていけるように…」千恵はまだ幼い娘に、鰹節を削り、だしをちゃんととって作るみそ汁から、料理や家事の大切さを教えていく――。

『ペコロスの母に会いに行く』の脚本を担当した阿久根知昭が、脚本と監督を手掛ける本作。結婚、妊娠、出産という人生の転機を、がんを抱えながら迎え、食を大切に生きてきた主人公・安武千恵を、広末さんが務めている。

そんな本作で主題歌を務めるのは、千恵の姉役として出演も果たしている一青窈。生前の千恵さんが、一青さんの「ハナミズキ」が好きでよく歌っていたという縁もあってオファー、一青さんがこれを快諾し、「はなちゃんといっぱい話していい作品にしたい」と意気込みを語っていた。

今回、解禁された予告編映像では、「私はツイていた」と語る前向きで明るく、娘のはな(赤松えみな)を大切に思う千恵を、広末さんが熱演している姿が伺える。広末さんがはなと一緒にみそ汁を作る姿や、「うまかー!!」とおいしそうにみそ汁を飲む夫・信吾を快活に演じている滝藤さんの表情からは、本当の家族のようなぬくもりに満ちた雰囲気が伝わってくる。


さらに、一青さん書き下ろしのオリジナル楽曲「満点星」の感動的なメロディが、映像を温かく彩る。「満点星」は、春に白い花をつける “満天星躑躅(ドウダンツヅジ)”をイメージして制作されたそうで、その歌詞からは、本作に込められている千恵さんの家族を思う気持ち、3人で過ごした日々のぬくもり、そして家族の絆が感じられ、映像の余韻が爽やかに胸いっぱいに広がっていく。

「初めて聴いたとき、とても大きな優しさに包まれた気持ちがしました。聴く度に、心に沁みる体に響く楽曲」と語る広末さん。劇中では実際に「満点星」を歌って演じるシーンがあったというが、「役を通じてこの曲を歌わせていただいたときには、涙が止まらなくなってしまい…困りました。この映画を物語る素晴らしい楽曲を作ってくださった一青さんに、深く心から感謝しています」とコメントを寄せた。

また、一青さんは、「(ドウダンツツジの)花言葉は…『素直な告白』です。母としてまっすぐにはなちゃんに愛を注いだ千恵さんと、それを一心にサポートする安武さんと、その愛に応えるはなちゃんと気持ちをいつもいつも素直に伝える家族のあり方が素敵だなぁと思って、これに決めました」とコメント。

「膨らんだ花の形が、はなちゃんがいつかママと同じように美しい子どもを宿すように純白のドレスの裾をイメージして、はなちゃんの未来のウエディングドレス姿と重ねて書きました。この樹は秋の紅葉も鮮やかで菱形の葉っぱです。ぽこっとつぼみから花が咲き出すのも、可愛らしいはなちゃんの笑顔に重なりました」と、この曲に秘めた思いを明かしている。

劇中、そして主題歌で、夢のタッグが実現した広末さんと一青さんの共演を、予告編からも確かめてみて。

『はなちゃんのみそ汁』は12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡にて先行公開、2016年1月9日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top