真野恵里菜、『エスパー』撮影を経て「パンチラは下ネタじゃない」

映画

真野恵里菜/『映画 みんな!エスパーだよ!』舞台挨拶
  • 真野恵里菜/『映画 みんな!エスパーだよ!』舞台挨拶
  • 『映画 みんな!エスパーだよ!』-(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会
若杉公徳の大人気コミックを原作に、2013年4月の連続ドラマ化を経て、園子温監督、染谷将太主演で映画化された『映画 みんな!エスパーだよ!』。本作で史上最強ヒロインと話題になっている浅見沙英役の真野恵里菜が、9月15日(火)、大ヒットを記念しTOHOシネマズ新宿にて舞台挨拶を実施。染谷さんや共演者のマキタさんとの撮影秘話を明かした。

真野さん演じる浅見紗英は、TVシリーズから登場する人気キャラクターのひとり。見た目の可愛さとは裏腹に、心の中で毒づくというニ面性ある役どころで、映画では惜しげもなくパンチラを披露していることで話題を呼んでいる。

この日、客席は男性客を中心に満席に。それを見た真野さんは「急な告知になったしまいましたけどみなさんが集まってくれてほんとに嬉しいです。今日は初めて一人する舞台挨拶なので緊張してます!」と感謝を述べるも、「違うよ~」などとファンに突っ込まれ、笑いを誘う一幕もあった。

テレビシリーズに引き続き浅見紗英を演じた真野さんは、映画化について全く予想していなかったそうで、「ある日家でテレビを見ているときに映画化ニュースを発見して『あれ? 私は?』とそこで初めて知ったので驚きました(笑)」とコメント。さらに、「ドラマの頃は周りが(ドラマ見たよなど)言ってこなかったけど映画になってやっとみんな言ってくれるようになりました! 小学校の同級生は『なんで真野のパンツを見なきゃいけないんだ』と思ってたみたいです。ただせっかくやったので観て頂かないと(笑)」と、作品が大きくなるにつれて周りからの反応が変化したことも明かした。

共演者の染谷さんやマキタさんについて聞かれると、「染谷君は親戚にみたいな感覚ですね、あったら近況報告なんかしてました! マキタさんはご近所の人ですね。ちょっと離れていてほしいです(笑)。ドラマのときに『これ持ってみな~』『これ触ってみな~』とTENGAを持ちながら言ってくるんです。でも一番みんなをよく観ていて、体調悪かったりすると真っ先に声をかけてくれたのはマキタさんでした。優しい方です」と回答。

また、映画版からの参戦で話題を呼んだ池田エライザとは、よく似ていると言われるそうで、「並ぶと私がお姉ちゃんに見えると言われるのが嬉しかったです。いきなりこんな現場に放り込まれて大変だと思うからフラットに真野恵里菜として接しましたね」と、共演者たちと良い雰囲気で撮影が行われたと話した。

“パンチラ”描写が話題の本作の現場を経た真野さんは「パンチラは下ネタだと思わなくなりました」と大胆告白。「普段撮影場所にいないスタッフの方がパンチラ撮影になると呼ばれてきて、『パンチラ技師』『風師』『風の貴公子』なんて言われてました(笑)。最初はプレッシャーでしたが現場では気にせず、撮影に取り組めましたね!」と撮影現場の様子を語った。

「でもエスパーを見た業界の人からは『童貞殺しなイメージで』と注文されることが増えました(笑)。あまり気にしないようにしてるんですけど、業界でもエスパーの影響は大きいなと思いました。初めて会う人から『面白いことやってるね』と多くなり、『お芝居がうまいね』と言われるより嬉しいです」と、本作の影響力の大きさについてもコメントした。

最後に「この映画とともに成長できたので、続編があればやりたいですね」と続編への意欲も覗かせ、イベントは大盛況のうちに終了した。

『映画 みんな!エスパーだよ!』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top