GACKT、フランス人に憧れ「コーヒー飲めるように毎日練習した」

最新ニュース

GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーを飲んでいるところ
  • GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーを飲んでいるところ
  • イベントに登場した、GACKT
  • GACKT
  • GACKTの全身ショット
  • GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーの香りをかいでる様子
  • GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーの香りを味わっている様子
  • GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーを試飲
  • GACKTが、最新マシンで淹れたコーヒーを試飲
 9月15日、都内にて『ネスカフェドルチェ グスト ドロップ 未来カフェ オープン記念イベント』が実施された。

 同イベントは、ネスレ日本の新商品をアピールするために行われたもの。

 新商品として披露されたのは、カプセル式本格カフェシステム「ネスカフェドルチェ グスト ドロップ」。

 大きな特徴は、近未来的なデザインと、抽出量を調整する部分に採用されたタッチスクリーン。専用カプセルをセットするだけで、香り豊かなホットドリンク(レギュラーコーヒー/カプチーノ/ココア/宇治抹茶ラテ)を手軽に楽しめる。希望小売価格は税抜13,704円で、9月15日から全国の主要家電量販店などで販売される。

 今回のイベントでは、“未来のカフェサービス”を先行体験できる期間限定カフェ「ネスカフェドルチェ グスト ドロップ 未来カフェ」を、東京・原宿の「ネスカフェ原宿」にオープンすることも発表された。

 期間限定カフェでは、最新のコーヒーマシンで作ったカフェメニューを味わいながら、カフェ店内でドローン(無人航空機)の飛行や、プロジェクションマッピングを使ったアトラクションのほか、感情認識パーソナルロボット「Pepper」とのコミュニケーションを体験することができる。

 ネスレ日本の製品担当者が、新商品と期間限定カフェの情報を紹介したあと、スペシャルゲストとして、歌手のGACKTが現れた。

 期間限定カフェの“お客様第一号”として登場したGACKTは、ドローンが飛行する様子を眺めたり、プロジェクションマッピングの体験や、最新マシンで淹れたコーヒーを試飲。さらに、黒いベストを身に着けたPepperと握手したり、会話をする場面もあった。

 GACKTは、5年前までコーヒーが苦手だったらしく、「フランスに行ったとき、みんながコーヒーを飲んでいる姿がカッコよくて。毎日(飲めるように)練習した」とコメント。

 今では、香りや味にこだわりながら、自分でコーヒーを淹れているというGACKT。最新マシンで淹れたコーヒーを飲んで、「美味しいです。持続してコーヒー独特の香りもある。自分で淹れたのよりも、こっち(コーヒーマシンで淹れたコーヒー)が美味しいと思える」と感想を述べたあと、“本物の味”について自論を語っていた。

 なお、「ネスカフェドルチェ グスト ドロップ 未来カフェ」は、9月16日から23日までオープン(19日のみ、一般貸切営業のため未来カフェの営業は行わない)。未来カフェを体験できる時間帯は11時~18時までで、18時~21時は通常のカフェ店舗として営業する予定とのこと。

GACKT、最新マシンで淹れたコーヒーを飲んで「美味しい」とアピール

《ダイエットクラブ編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top