哀川翔、9年ぶり連ドラで“クマ”に!? 「テディ・ゴー」

最新ニュース

「テディ・ゴー!」- (C) フジテレビ - (C) 浅野いにお
  • 「テディ・ゴー!」- (C) フジテレビ - (C) 浅野いにお
人気作家・加藤実秋が2010年に刊行した作品「アー・ユー・テディ?」がフジテレビの“土ドラ”枠にてドラマ化されることが決定。今人気急上昇中の若手女優・森川葵と、地上波連続ドラマのレギュラー出演は9年ぶりとなる哀川翔が共演を果たすことが明らかとなった。

根気がなく仕事を失い、彼氏にもフラれて精神的にボロボロの23歳のフリーター女子がある日、一目ぼれしたクマの編みぐるみを買って帰ると、突然言葉をしゃべり始める。編みぐるみの元々の持ち主は、両親を殺されてしまった5歳の子ども。何と、その事件を捜査している過程で殉職したオヤジ刑事の魂がクマに宿っていたのだった! 二人は言い争いをしながらも協力し合い、オヤジ刑事が生前追っていた事件の真相究明に乗り出すことになる…。

クールな“今ドキ女子”と熱血“クマの編みぐるみ”という珍妙コンビが繰り広げるコメディードラマ「テディ・ゴー!」。主人公・山瀬和子を、ファッション雑誌「Seventeen」のモデルとして活躍し、「ごめんね青春!」(TBS)、「She」(フジテレビ)、「表参道高校合唱部!」(TBS)と話題作への出演が続く森川葵。和子とバディを組むことになるオヤジ刑事・天野康雄を、地上波連続ドラマへのレギュラー出演が9年ぶりとなる哀川翔が演じる。プロデューサーからのラブコールを受けて、出演を快諾したという哀川さん。聞きなじみのある哀川さんの特徴的なハスキーボイスがクマの声とあわさり、ドラマの世界観を盛り上げるが、和子だけに見えるという設定で、クマに宿った康雄の体(哀川さん自身)も劇中登場する予定だ。

また康雄の部下であり、端正な顔立ちの“イケメン”刑事・冬野唯志には平岡祐太が決定。康雄の遺志を引き継ぎ、事件を捜査している冬野は、現場にちょくちょく現れる和子と知り合うことになる。和子からほのかな思いを寄せられるほど見た目がクールな冬野だが、物語が進むにつれ、実は中身が“変人”であることが明らかに…。和子とクマ(康雄)の珍妙コンビに冬野が絡んでいく様子も大きなみどころとなっている。

そしてこのたび原作「アー・ユー・テディ?」シリーズの第4弾「クマ刑事」(2015年刊行)のカバーイラストを再現したドラマのビジュアルも公開に。原作のキュートな装画は「ソラニン」「おやすみプンプン」の漫画家・浅野いにおが手がけている。

主題歌は若者を中心に人気を広げている名古屋発の6人組み女性アイドルグループ・チームしゃちほこの「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」に決定。チームしゃちほこの楽曲が連続ドラマの主題歌に起用されるのは今回が初となる。コメディードラマとしてだけではなく、「編みぐるみの持ち主であった子供の両親を殺したのは誰なのか」、「康雄はどのような経緯で殉職したのか?」という謎に迫るミステリードラマとしても楽しめる「テディ・ゴー!」。連続ドラマ初主演に抜擢された森川さんが和子の成長をどう演じるのかにも注目が集まる。

<以下、キャストコメント>

■森川 葵(山瀬和子役)
「以前この土ドラ枠の『She』に出演させていただいて、私も松岡茉優さんみたいになれたらいいなと思っていたので、今回のドラマ主演が決まったときはすごくうれしかったです。台本を読んで、本当にこれを映像でできるのかなと正直思いましたが(笑)、良いテンポ感で演じられるように頑張りたいです。先日、哀川さんと初めてお会いさせていただきましたが、気さくに話しかけてくださってとてもうれしかったです。明るく親しみやすい作品なので、楽しみながら一生懸命演じていきたいです」

■哀川 翔(天野康雄役)
「ドラマ出演の話を聞いたときは、“俺がクマか~、クマいいな~”と思いました(笑)。この作品はちゃかしているようですごく真面目な部分もあるので、バカバカしいことに真面目に取り組んでいけば面白いものができるんじゃないかと思います。本人は死んでいるし、突然クマの声でしゃべり出して女の子に命乞いをするキャラクターなので、“男気”を出せるか分かりません(笑)。でも本人的には事件の犯人を捜すことに一生懸命で、刑事として生きてきた証を確認したいんだと思います。果たして事件は解決するのか、楽しみにしてもらえればと思います」

「テディ・ゴー!」は10月10日(土)23時40分~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top