『天空の蜂』1週間で30万人突破! 江口洋介、原発扱う堤監督の勇気を称賛

最新ニュース

江口洋介/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
  • 江口洋介/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
  • 堤幸彦監督/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
  • 田口翔大/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
  • 田口翔大、江口洋介/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
  • 江口洋介、田口翔大、堤幸彦監督/『天空の蜂』ヒット御礼舞台挨拶
映画『天空の蜂』のヒット御礼舞台挨拶が9月20日(日)に都内で開催され、主演の江口洋介、その息子役を演じた田口翔大、堤幸彦監督が登壇した。

東野圭吾が1995年に発表した人気小説を映画化。テロリストにより乗っ取られたヘリコプターが原発の上空で停止し、全原発の即時稼働停止が要求される中、ヘリの設計士で息子がヘリ内の取り残されてしまった湯原、かつての友人で原発の設計士である三島らが解決に向けて立ち向かう。

20年前に書かれた原作ではあるが、映画では東日本大震災の様子も描くなどしており、原発という非常にデリケートなテーマに果敢に挑んでいる。江口さんは「こういった作品はとるのが難しい。日本ではなかなか通らない企画です」と語り「東野さんが書いて、松竹と堤さんの『やる』と言った勇気があって、僕らを動かした」と語る。「難しい問題を抱えて、どこかに偏ると難しいけど、堤さんの計算の中で、映画ではみんなが戦ってます! こういう時代に少しでもみなさんの中にグッと入って背中を押す作品になっていると思います。感無量です」と力強く語った。

堤監督は「原発のこと、企業、国の体制、ヘリに関する防衛産業、そこで働く人々の心情まで読み取れる、緻密で完成度の高い原作でした」と東野さんによる小説の質の高さを称えつつ「私のスキルで大丈夫か? 『貧乳』とか言ってた自分で大丈夫か…? と思いましたが、チームで向き合って、何年もかけて原発のことを調べ、ヘリがそもそもどうやって飛ぶのかから研究しました」とこの原作の映画化に傾けた思いの強さを明かした。

湯原の息子でヘリに残されてしまう高彦を演じた田口くんが姿を見せると、江口さんも監督も「大きくなった!」と驚いたよう。劇中、湯原が高彦に「(ヘリから)飛び降りろ!」と体ごと受け止める覚悟で語るシーンがあるが「もう無理かも…(笑)」と漏らしていた。

田口くんは、江口さん、監督宛ての手紙を朗読し、撮影中のアドバイスへの感謝や本作への参加の喜びを伝えた。江口さんは「嬉しい限りです。“子役”というのを超えてました。高彦の目線がなかったら、湯原の勇気ある行動はなかったです」と改めて田口くんを称えた。

最後に改めてマイクを握った江口さんは「世の中、いろいろ騒がしくなっている今日この頃ですが、この2時間17分45秒を映画館でぜひ味わってほしいです。忌野清志郎さん(RCサクセション)の曲で『君と話した長い長い電話2時間35分』という歌詞がありましたが(※『2時間35分』)、それには及ばないですが(笑)。何が言いたいかというと、この映画は手をつないで見られるデートムービーでもあり、仲間と見てもいいし、一人で見るなら誰かを思いながら見てほしいし、親子で見ると、(劇中の湯原親子は)問題がありますが(笑)、この問題を勇気に変えて、見られる映画だと思います!」と力強く呼びかけ、会場は大きな拍手に包まれた。

『天空の蜂』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top