『きっと、星のせいじゃない。』の2人が再共演!キスシーンに割り込みも!?

映画

シャイリーン・ウッドリー×アンセル・エルゴート/『ダイバージェントNEO』TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー×アンセル・エルゴート/『ダイバージェントNEO』TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェントNEO』TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェントNEO』TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー/『ダイバージェント・シリーズ:インサージェント』(原題)プレミア会場にて TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • アンセル・エルゴート/『ダイバージェント・シリーズ:インサージェント』(原題)プレミア会場にて TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー&テオ・ジェームズ/『ダイバージェント・シリーズ:インサージェント』(原題)プレミア会場にて TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー&マイルズ・テラー/『ダイバージェント・シリーズ:インサージェント』(原題)プレミア会場にて TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • シャイリーン・ウッドリー主演『ダイバージェントNEO』ポスタービジュアル TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
主演のシャイリーン・ウッドリーを筆頭に、ハリウッド注目の若手俳優が多数登場する10月16日(金)より公開の『ダイバージェントNEO』。本作では、日本でもスマッシュヒットを記録した感動の恋愛映画『きっと、星のせいじゃない。』で共演したシャイリーンとアンセル・エルゴートが再共演する。今回、恋人同士から“兄妹”となった2人からのコメントを独占入手。世界中の女性の心を掴んだ彼らから、キスシーンへの思わぬ発言も飛び出していることが分かった。

原作小説の発行部数が世界3100万部を超える世界的ベストセラーの映画化第2弾として、はるかにスケールアップした世界を驚異のビジュアルで描く本作。【勇敢】【無欲】【高潔】【平和】【博学】と5つの共同体に分かれ管理された未来都市で、この世界を支配しようとする陰謀に立ち向かう、【ダイバージェント】と呼ばれる異端の少女の闘いを描く近未来SFアクションだ。

ハリウッド注目の若手俳優が勢ぞろいしていることでも知られており、アンバー・ハード&カーラ・デルヴィーニュら共演の『London Fields』(原題)や『アンダーワールド』最新作が控える英国俳優テオ・ジェームズ、『セッション』『ファンタスティック・フォー』のマイルズ・テラーら、このシリーズに登場した俳優たちは現在、いずれも大躍進を遂げている。もちろん本作への出演をきっかけに、『きっと、星のせいじゃない。』で主演を務めたシャイリーンとアンセルも同様で、がん患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、旅に出る姿を追った同作で、2人はピュアな迫真の演技を披露し、世の女性ファンの心を鷲掴みにした。

『きっと、星のせいじゃない。』では恋人同士を演じた2人だが、本作で演じるのは兄妹。シャイリーンは、本作の最大の秘密であり、世界の根幹に関わる重大な意味を持つ“箱”を開ける鍵を持つとされる【ダイバージェント=異端者】であるトリス、アンセルはトリスの兄で知性に秀でた【博学】に属するキャラクター、ケイレブを演じている。

前作で世界の覇権を握ろうと企んだ【博学】のジェニーン(ケイト・ウィンスレット)は、本作では世界に関わる重大な秘密の鍵をもつとされるトリスら【異端者】を執拗に追いかける。命がけの戦いが繰り広げられる本作で、彼らは翻弄されつつも自身の道を切り開いていき、2人を待ち受ける運命からは目が離せない。

兄妹役の後、恋人同士を演じ、再び兄妹関係に戻るという経緯について、アンセルは「やっぱり最初、変な感じはしたよ。照れくさいというかね。でも最後にはしっかりやり通せた。この作品でトリスの恋人役を務めるのはテオ・ジェームズだけど、キスシーンが落ち着かないと言うものだから、『いいか、僕はもうやったぞ。明日、割り込んでやってもいいぞ』って言ってやったんだ。実際、割り込んでも面白かったかもね」と笑顔でコメントし、相性バツグンのシャイリーンとの共演を楽しんだことを明かした。

また、シャイリーンは本作の見どころに関して「観客は、『ダイバージェント』シリーズや『きっと、星のせいじゃない。』といった映画で描かれるテーマに強く共感するんだと思う。劇中の出来事自体は身近じゃなくても、自身の生活や人生に重ね合わせてみたら、根底には共感できる要素が必ずあるはずだから」と2つの作品に共通する意外な見どころについて語った。

そんな2人が見せる兄妹関係は、本作で描かれる深いヒューマンドラマにも大きな影響を与えている。本作で描かれる【異端者】を待ち受ける運命と、運命に逆らう2人が見せる驚きの決断、そして、その果てに待ち受ける驚愕の結末をスクリーンで目撃してみて。

『ダイバージェントNEO』は10月16日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top