志尊淳の壁ドンが上手すぎ? 芳根京子「日常でやってるんじゃ…?」と疑う!

最新ニュース

芳根京子、志尊淳/『先輩と彼女』完成披露試写会
  • 芳根京子、志尊淳/『先輩と彼女』完成披露試写会
  • 志尊淳/『先輩と彼女』完成披露試写会
  • 芳根京子、志尊淳、池田千尋監督/『先輩と彼女』完成披露試写会
  • 芳根京子/『先輩と彼女』完成披露試写会
  • 志尊淳/『先輩と彼女』完成披露試写会
人気少女漫画を映画化した『先輩と彼女』の完成披露試写会が9月22日(火・祝)に開催され、主演の志尊淳をはじめ、芳根京子、池田千尋監督が舞台挨拶に登壇した。

南波あつこの100万部突破の少女漫画を原作に、同じ部の先輩・圭吾に片思いする女子高生・りか、卒業した先輩を忘れられない圭吾を中心に切なくもキュンキュンする恋模様が展開する。

志尊さんは「最初に話を聞いて、少女漫画原作ということで『かっこよくいないといけない』というプレッシャーがあったけど、監督が『カッコよく演じようとしなくていいから。かっこよく撮るのは私たちの仕事だから』と言ってくださって、人間らしく等身大の高校生を演じられました」と振り返る。

撮影自体は2月の極寒の中で行われたが、志尊さんは「春夏秋冬全てのシーンがあるんですが、少女漫画の世界観を壊したくなくて、(夏の)半袖のシーンもインナーを着ずにシルエットを重視してやってました」と述懐。一方で、芳根さんをおんぶするシーンでは「生まれて初めて背中にカイロを30~40枚貼った(笑)」と背中の芳根さんが寒くないように気を遣ったそうで、芳根さんは「防弾チョッキみたいになってました(笑)」と明かした。

ちなみに2人は現在放送中のドラマ「表参道高校合唱部」では先輩と後輩ではなく、同級生として共演中。映画の方が撮影は先だったため、芳根さんは先輩・後輩の関係そのままに「当時は敬語でした。ドラマに入った時も“先輩感”は強くありました」と明かす。いまではすっかり打ち解けた様子だが、映画撮影当初はまだ距離があり、コミュニケーションのために部室で遊ぶようにと指示されると「無言でオセロをやっていた…」(志尊さん)という。

映画の中では窓を背にした壁ドンに頭ポンポン、窓越しの抱擁など、少女漫画的なシチュエーションのフルコース! 志尊さんは撮影時も周りから冷やかされつつ役として冷静さを保っていたそうだが「(芳根さんが)壁ドンの時にずっと爆笑してるんですよ…」と告発! 芳根さんは「あまりにナチュラルで、日常でもやってるんじゃないかってくらい…」と笑いの理由を明かし、慌てて志尊さんは「やってないです!」と否定していた。

さらに、キスシーンでは志尊さんが芳根さんのアゴをくいっと持ち上げる“あごくい”も披露しているが、これは原作や脚本にはなく、現場での監督の思い付きで実現したという。志尊さんは「リハーサルで監督に『あごくいやって』と言われて、僕はそれが何なのか知らずに『何ですか?』って。やってみたら、やり方が間違ってて、(芳根さんの)アゴの肉をつまんで持ち上げてました…」と失敗談を告白した。

この日は、観客の前で映画の中の壁ドンシーンのセリフを再現。「絶対、後悔させないから」とキメて喝采を浴びるも、当人は恥ずかしそうに「帰りたい! 後悔しか残らないと思います」と赤面し、会場は笑いに包まれていた。

『先輩と彼女』は10月17日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top