「2PM」ジュノ、年下女性に突然バックハグされたら「驚くけど嬉しい!」

最新ニュース

ジュノ/『二十歳』来日記者会見
  • ジュノ/『二十歳』来日記者会見
  • ジュノ/『二十歳』来日記者会見
  • ジュノ/『二十歳』来日記者会見
  • ジュノ/『二十歳』来日記者会見
韓国のアイドルグループ「2PM」のジュノが初の主演映画『二十歳』を携え来日。9月23日(祝・水)に開催されたジャパン・プレミアに出席すると共に、その後の報道陣向けの記者会見に臨んだ。

ジュノ演じる漫画家を目指す浪人生を中心に、同い年の3人の若者たちの青春模様を鮮やかに描き出す。

自身が演じたドンウについてジュノは「夢があったけど現実にぶつかり、諦めてしまうという役どころですが、誰しも夢があり、現実とのはざまで葛藤することはあると思いますし、ドンウの悩みや心の内を僕自身も理解できました。役作りでは実際にいろんな人に話を聞いたりもしました。いま、韓国では大学進学のためには大金が必要とされますが、そのためにバイトをしている人の話などに耳を傾け、また自分自身の練習生時代のことを思い出しながら、役を演じていました」と振り返る。

ドンウにはチホ、ギョンジェというかけがえのない親友がいるが、ジュノにとっての親友の存在とは? という問いに「自分を守ってくれる囲いのようなものであり、信じること、頼ることができる存在」と語り、2PMのメンバーの存在にも言及。「僕にとって2PMのメンバーは家族であり親友でもあり、彼らと一緒にいると、そこにいる自分が最も素の状態、ありのままでいられるのを感じます」と続けた。

二十歳といえば大人と子供の境目と言えるが、ジュノ自身は「まだ一度も自分が大人になったと感じたことがない。まだこどもだなと思います(苦笑)」とも。「まだまだ学ぶこと、やらなくてはいけないことがあり、やり遂げたい夢もあります。それをひとつひとつ叶えていく中で成長し、大人になれるのかなと思ってます」と語った。

映画の中では年下の女性にドンウは言い寄られるが、年下の女性からのアプローチについて問われるとジュノは「何と答えていいのか…恥ずかしいですね」とはにかみつつ「答え方が難しいのですが、どんな状況でもOKです(笑)」とうなずく。さらに映画の中のシーンを挙げ「突然、バックハグされたら驚くと同時にすごく嬉しいでしょうね」と笑顔を見せた。

さらに「ドキッとっする女性のしぐさやアプローチは?」と報道陣が畳みかけると困ったような笑みを浮かべつつ、たっぷりと長考。「うーん、状況によりますが、ただ目が合うだけでもドキッとすると思います。じっと見つめられるのではなく、なんとなく視線が合っているような、いないような…という感じで、すれ違いざまにスッと目線が合うと…」と生々しく語り、会場をわかせた。

『二十歳』は11月28日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top