アマゾン、国内外の映画やドラマなど映像コンテンツ見放題サービス開始!

最新ニュース

アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
  • アマゾン映像配信サービス「プライム・ビデオ」記者発表会
「amazon」が9月24日(木)より、会員向けの映像配信サービス「プライム・ビデオ」を開始し、映画や海外ドラマ、日本国内のドラマやバラエティ番組、ライヴ映像などのコンテンツの配信を行うことを同日の会見で発表した。

会見には「アマゾン ジャパン株式会社」のジャスパー・チャン代表取締役、「Amazon.com」のAmazon ビデオ 国際部バイスプレジデントのティム・レスリー、同製品管理、事業開発、アマゾンデバイセズのバイスプレジデントのピーター・ラーセンらが出席し、新サービスについて説明した。

アマゾンではこれまでに、お急ぎ便やお届け日時指定が無料で利用できる有料会員サービス「Amazon プライム」(年会費3,900円)を展開してきたが、今回の「プライム・ビデオ」は「Amazon プライム」の会員はそのまま追加料金なしで使用することが可能で、国内外のドラマに新作映画、一般でのDVDリリース前の作品やTVでの放送を見逃してしまった番組、人気バンドのライブ映像などを無料で好きなだけ視聴することができる。

また「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」、「MR.ROBOT」など日本独占配信の海外ドラマに加え、アマゾンがオリジナルで投資・制作した作品も展開。エミー賞受賞のダークコメディ「トランスペアレント」、ニューヨーク・シンフォニーの裏側を描いた「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」、人気犯罪ドラマ「BOSCH/ボッシュ」などオリジナルドラマを視聴することができる。

日本国内のコンテンツも充実しており、割合としては日本のコンテンツが約7割を占めているという。映画やドラマに加え、テレビ朝日の人気バラエティ「さま~ぁず×さま~ぁず」は放送終了後すぐにアクセスが可能となるなど、見逃し配信にも対応。今後、ドラマ、アニメ、バラエティを含めた日本国内でのアマゾンによるオリジナルの作品も発表していく予定だという。

デバイスに関しても、スマホ、タブレットにパソコン、ソニーの「プレイステーション4」、液晶テレビ「ブラビア」(※2014年型モデルでネット接続機能のあるもの)などに対応しており、ダウンロードしたコンテンツをネットが使えない環境で視聴することも可能となる。

この日は、TV画面でコンテンツを視聴するためのアマゾン端末(ストリーミング・メディア・プレイヤー)である「Amazon Fire TV」「Fire TV Stick」の日本での予約注文を開始(※出荷は10月28日予定)も発表。TVに接続し、Wifiにつなぐだけで使用可能で、4K映像にも対応しており、高性能、高画質、豊富な品揃えに加えて、音声認識リモコンを通じての音声でのコンテンツの検索も可能に。作品名やジャンルのみならず、出演している俳優に名前や「ダース・ベイダー」といったキャラクター名を口にするだけで音声を認識し、関連する作品を探すこともできるというユニークな機能も付いている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top