【予告編】コールガールが女優に転身!『マイ・ファニー・レディ』解禁

映画

『マイ・ファニー・レディ』ポスター(C)STTN Captial,LLC 2015
  • 『マイ・ファニー・レディ』ポスター(C)STTN Captial,LLC 2015
  • 『マイ・ファニー・レディ』(C)STTN Captial,LLC 2015
  • 『マイ・ファニー・レディ』(C)STTN Captial,LLC 2015
  • オーウェン・ウィルソン-(C) Getty Images
  • ジェニファー・アニストン - (C) Getty images
『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソンと『フランシス・ハ』のノア・バームバックがプロデューサーを務めた、巨匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の13年ぶりの最新作『マイ・ファニー・レディ』。昨年の東京国際映画祭でも話題を呼んだ本作から、オーウェン・ウィルソンやイモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストンら豪華キャストによる予告編と、人気イラストレーターのサイトウユウスケ氏が手がけたイラスト版ポスタービジュアルが解禁となった。

取材を受ける新進のハリウッドスター、イジー。彼女は、かつてコールガールをしていたことも天真爛漫に語り出し、“お客”として出会った演出家アーノルドと過ごしたロマンチックな一夜を振り返る。アーノルドから「君の将来のために3万ドルをプレゼントする」という奇妙な申し出をされ、人生が一変した日のことを…。

アーノルドの妻デルタが主演を努める舞台のオーディションを受けることになったイジー、舞台を成功させようと奔走するアーノルド、デルタに好意を寄せるスター俳優、イジーにひと目惚れする常識人の脚本家、その恋人で“人の話を聞かない”セラピスト…。ひょんなことから複雑に絡みあっていく人間模様。はたして、舞台は無事に初日を迎えることができるのか!?

『ペーパー・ムーン』『ラストショー』など数多くの作品を生み出してきたピーター・ボグダノヴィッチ監督の、13年ぶりの最新作となる本作。ボグダノヴィッチ監督を敬愛し、監督も「息子たち(サンズ)」と呼ぶほど公私ともに交流のある、次世代の映画監督ウェス・アンダーソンとノア・バームバックがプロディーサーとして全面協力。オードリー・ヘップバーン、フレッド・アステア、マリリン・モンローなど往年の映画スターたちへのオマージュも散りばめられている。

演出家・アーノルドを演じるのは、『ミッドナイト・イン・パリ』から『クーデター』まで、常にさまざまな役柄を演じ分けるオーウェン・ウィルソン。また、「ミュウミュウ(MIUIMIU)」のモデルを務め、『恋人まで1%』『ニード・フォー・スピード』など、現在、人気急上昇中のイモージェン・プーツが夢見がちなヒロインをチャーミングに好演。ドラマ「フレンズ」のジェニファー・アニストンが、エキセントリックなセラピストを演じ、コメディエンヌとしての才能を改めて炸裂させるほか、キャスリン・ハーン、ウィル・フォーテ、リス・エヴァンスなど、監督の脚本に惚れ込んだ豪華な俳優たちが脇を固めている。

予告編は、ニューヨークのバーでハリウッドスターのイジ―が取材を受けているところからスタート。彼女は、舞台演出家のアーノルドの出会いによって、人生が一変した日を語り出すが、3万ドルで憧れの女優へと転身を遂げていくイジーの姿は、まさにヘップバーンの『マイ・フェア・レディ』!? だが、やがて複雑に絡み合っていく大人の男と女のドタバタぶりが、軽妙に映し出されていく。


さらに今回、ポスタービジュアルのイラストを描き下ろしたのは、吉井和哉や「AKB48」などのCDジャケット、ワコールなどの広告、ミュージックマガジンの表紙などを手がけてきたサイトウユウスケ氏。サイトウ氏は「俳優たちの個性的で豊かな表情にみごとに引き込まれました。イモージェン・プーツの笑顔に惚れた!」と本作を絶賛、オーウェン、イモージェン、ジェニファー、キャスリンという4人の主要登場人物たちを、生き生きと描き出している。

“大人”になりきれない情けなくも愛おしい男と女の、おとぎ話のように楽しい最高のロマンチック・コメディ。まずは、こちらの映像から覗いてみて。

『マイ・ファニー・レディ』は12月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top