柳楽優弥、引く手あまたのモテ期到来も「役者として生きるのに必死」

最新ニュース

『合葬』柳楽優弥/photo:Hayato Ishii
  • 『合葬』柳楽優弥/photo:Hayato Ishii
  • 『合葬』柳楽優弥/photo:Hayato Ishii
  • 『合葬』 -(C) 2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 『合葬』柳楽優弥/photo:Hayato Ishii
  • 『合葬』 -(C) 2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 『合葬』柳楽優弥/photo:Hayato Ishii
江戸から明治へ、時代の変容の渦に巻き込まれ、儚く散っていった若者たちの青春を描いた時代劇映画『合葬』。将軍と江戸市中を守るために結成された「彰義隊」の一人、秋津極を演じたのが、俳優の柳楽優弥。初主演した映画『誰も知らない』の少年役で世界的に注目された柳楽も、今では25歳の立派な青年に成長し、自身のフィルモグラフィーに多くの出演作を刻んでいる。

特に2014年からは破竹の勢いで、宮本亜門演出の舞台「金閣寺」、映画『クローズExplode』『闇金ウシジマくん Part2』『最後の命』、テレビドラマ「アオイホノオ」、現在放送中のNHK朝ドラ「まれ」など堅調な活躍が目立つ。主演も張れて、脇にも徹する事が出来る。最新作『合葬』は自身初となる時代劇で、役者としての幅を広げると共に、引き出しの数を増やすことも出来た。これら活躍は“ブレイク”という言葉で表せそうだが……。

ところが本人にぶつけると「今の状況で“ブレイク”と言われてしまうのは悲しい。自分としては“まだまだ”ですよ」と強い眼差しで返って来た。「慢心せずに未来に向かって、いい作品に参加したいという欲がある。“これでいいじゃん”と思ったら終わりだし、そう思ってしまう事が一番怖い。これは10代の時に身を持って知った事です。役者業に対してもっと貪欲でいたい」と説明する。

そんな姿勢になれたのも、諦める事無くここまで俳優を続けて来たからこそ。「共演させていただいた先輩方の姿を見ると“凄いな”と思うし、自分が経験して初めて、あんなに軽そうに見えていた事が、こんなにヘビーだったのかと体験する事もある。それによって身が引き締まるし、だからこそ現状に満足するのは危険な事だと思えた。僕は“まだまだ”。役者として生きるのに必死です」と覚悟に似た心境を明かす。

国民的ドラマの放送枠ともいえる、朝ドラへの出演も大きな力になっている。それは地方ロケで訪れた港町での出来事。「その町の奥の方に住んでいるカッコいいおじいさんに“いつも観ているよ”と言われたんです。その時に凄く嬉しかった。僕らの仕事は、良くも悪くも観てもらわなければ意味がないし、評価もされないわけですから」。誰かが観てくれている、その実感はモチベーションという活力になる。

“初挑戦”も、俳優業に対する貪欲を満たす最高のカンフル剤だ。「初めての時代劇ということで不安もあったけれど、色々な挑戦も出来た。時代劇である一方で、普遍的な青春物語として観る事も出来る。編集も音楽も斬新で、アート寄りの最先端の音楽が合うオシャレな作品。挑戦や新しいものをやるには勇気がいる事だけれど、僕自身もそれに乗っかったという感じ。自信作と言える」と胸を張る。

演じた秋津極は、女性たちから熱い視線を集めるモテ男という設定。それも柳楽にとっては初挑戦だった。「いつからこんなにモテる役が演じられるようになったんだ?と思いました。これまでは失恋する役ばかりでしたから」と笑いながら「プライベートでもモテ期ってありませんでした。学生時代もバレンタインチョコを大量にもらう事なんてなかったし。そういった意味では普通のメンズの感覚がわかる」と等身大の役どころにも興味津々。人生でモテ期は3度訪れるというが、俳優としての第2のモテ期が今の柳楽には訪れているのだろう。

ヘアメイク:内田香織(Otie)
スタイリスト:広沢健太郎
《photo/text:Hayato Ishii》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top