園子温、妻・神楽坂恵を主演にした『ひそひそ星』が東京フィルメックスで上映

映画

『ひそひそ星』
  • 『ひそひそ星』
  • 『ひそひそ星』トロント国際映画祭ワールドプレミア上映
『ラブ&ピース』『新宿スワン』など話題作が次ぐ鬼才・園子温監督が、自ら設立したシオンプロダクションの第一作目となる作品『ひそひそ星』が11月に開幕される「第16回東京フィルメックス」のオープニング作品として上映されることが決定した。

主人公はアンドロイドの女性。鈴木洋子“マシンナンバー722”は、昭和風のレトロな内装の宇宙船レンタルナンバーZに乗りこみ、静寂に包まれた広大な宇宙空間を果てしなく旅している。いくつもの寂しい星に降り立っては、すでに滅びゆく絶滅種と認定されている人間たち一人一人にかけがいのないものを届けるために――。

本作は、構想25年を経て完成したモノクロームのSF作品。先月、「第40回トロント国際映画祭」でワールドプレミアを行い、『希望の国』『地獄でなぜ悪い』『TOKYO TRIBE』とはまったく異なる趣のミニマルSFが現れたと歓迎され、NETPAC賞を受賞したばかりの本作。

主演を務めるのは園監督の伴侶であり、『みんな!エスパーだよ!』「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日)などに出演していた神楽坂恵。そのほかカリスマ・ミュージシャンの遠藤賢司、ベテラン女優の森康子らが数少ない“人類”の役で出演する。

本作は国内外で絶大な支持を集める園監督が、20代のときに書き留めていたオリジナルの物語。東日本大震災の傷跡が残る福島県の富岡町・南相馬・浪江町に赴きロケを敢行し、未だ仮設住宅に住む地元の方らの協力を得て、記憶と時間、距離への焦燥を、“ひそひそ”と声のトーンを落とした特異なセリフ回しで描き出す。

園監督自身の独立プロダクションで、むきだしの作家性をぶつけた珠玉の野心作。大型の商業映画から先鋭的なインディペンデント作品まで、縦横無尽にスクリーンを駆け回る園監督の新たな一面を見ることができそうだ。

『ひそひそ星』は、2016年日本公開予定。
《cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top