染谷将太、イッセー尾形を台本と正反対のアドリブ演技で惑わす!

最新ニュース

染谷将太/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • 染谷将太/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • イッセー尾形/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • 岸本加世子/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • 北乃きい/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • 『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
  • イッセー尾形/『先生と迷い猫』初日舞台挨拶
映画『先生と迷い猫』が10月10日(土)に公開を迎え、主演のイッセー尾形をはじめ、染谷将太、北乃きい、岸本加世子、深川栄洋監督が舞台挨拶に登壇。映画に出演している猫のドロップも来場し、劇場は温かいムードに包まれた。

地域猫捜索の実話を元に製作された本作。妻に先立たれ、心を閉ざして生きる老人がいなくなった三毛猫を探す過程で少しずつ、周囲との交流を取り戻していくさまを描く。

イッセーさんにとっては9年ぶりの映画主演であり「初日はアガります(苦笑)」と緊張を口にするが、映画を見終わったばかりの客席の温かい反応にホッとした様子。深川監督とは『60歳のラブレター』に続いての仕事となったが「台本通りのところも台本通りじゃないところもあります。ほとんどリハーサルをしないで『本番行ってみましょう』と仰るので、ドキドキしながらやってましたが、監督はそのドキドキ具合を狙っていたようです。楽しさと緊張を同時に味わっていました」と振り返った。

染谷さんも「ドキドキてしました。(台本のセリフが)終わっても芝居が続いていくんです」と監督があえてカットを掛けずに芝居を続けさせたと明かす。イッセーさんは特に染谷さんとのシーンで「『それで仕事は楽しいのか?』と聞くところで、台本で『楽しくない』と言うところが、本番で(染谷さんが)『楽しいです』と言い出して、『おおっ!』となりました」とアドリブでセリフが正反対になっているシーンまであったと明かし、観客を驚かせていた。

岸本さんは久々のイッセーさんとの共演について「若い頃に舞台でご一緒して、すごくストイックな方で緊張しましたが、久しぶりにご一緒したら、いいお父さんみたいになってました」とニッコリ。そんな岸本さんの言葉を象徴するかのように、三毛猫のドロップが登場すると、イッセーさんは腕に抱き、柔和な笑みを浮かべ「よく来てくれたニャー。今日で忙しいの終わるからねぇ」と猫語を交えて優しくあやし、会場は温かいムードに包まれた。

劇中、猫アレルギーの青年を染谷さんだけは「実は本当に猫アレルギーなもので…」と苦笑していたが、それでも猫自体は好きなようで「かわいいですよねぇ。貫禄に憧れます」と大勢の観客の前でも全く動じることなく、イッセーさんの腕の中でリラックスした様子のドロップを笑顔で見つめていた。

『先生と迷い猫』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top