ノブコブ吉村、「ウォーキング・デッド」の魅力を熱弁!「寝ずに観続けた」

海外ドラマ

FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • 向井慧、吉村崇、尾形貴弘、徳井健太、菅良太郎/FOXチャンネル「ウォーキング・デッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
  • FOXチャンネル「ウォーキングデッド シーズン6」日本最速試写イベント
人気ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」のシーズン6の放映開始を記念して、10月12日(月・祝)に都内のTOHOシネマズ六本木ヒルズで試写イベントを実施。お笑い芸人の平成ノブシコブシとパンサーのメンバーが応援に駆けつけ、トークイベントも行なわれた。

「ウォーキング・デッド」はアメリカンコミックが原作のパニックサバイバルドラマ。“ウォーカー”と言われるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、元保安官のリックが率いる生存者たちが、安住の地を求めて様々な恐怖や困難に立ち向かう物語だ。

シーズン6では、主人公のリックが安全居住区域、アレクサンドリアを守るために、これまで以上に強烈なリーダーシップを見せつけ鬼気迫るが、最初の戦友モーガンとの再会や謎のカルト集団の存在など、昨シーズンの伏線からなるストーリーが展開される。

試写会後のトークステージでは、リックに扮した平成ノブシコブシの吉村崇がドラマのファンであることを明言。「最初は全然興味がなかったのですが、シーズン1の第1話でのめりこんでしまい、寝ずに観続けましたね」と吉村さん。「ゾンビものに抵抗感がある人もいるかもしれませんが、実は人と人との極限状態を描いたヒューマンドラマなんです。もっとたくさんの人に観ていただきたいですね」と魅力を話す。

トークには吉村さんをはじめ進行役のパンサーの向井慧、そしてゾンビに扮した徳井健太(平成ノブシコブシ)、パンサーの菅良太郎、尾形貴弘(パンサー)が登場した。4人のメンバーを前に吉村さんはドラマの魅力を熱弁。シーズン4までしか観ていないという菅さんを前に「シーズン5ではあのキャラが実は…」と吉村さんがネタバレを披露してしまい、本気でツッコミを入れられ会場の笑いを誘った。

「シーズン6はこれまで以上に予算をかけて制作されているため、一話観ただけでも『違うな』と感心させられますよ」と吉村さん。「ストーリの規模も大きくなり、果たして好きなキャラクターが生き残ってくれるかドキドキです。また寝れない日々が続きそうです」と新シリーズへの期待を語った。

「ウォーキング・デッド シーズン6」はFOXチャンネルにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top