レクサス×バーニーズ ニューヨーク、9種のファッションアイテム限定発売

最新ニュース

「BARNEYS NEW YORK × CRAFTED FOR LEXUS」9種のファッションアイテムを10月2日(金)より限定発売。
  • 「BARNEYS NEW YORK × CRAFTED FOR LEXUS」9種のファッションアイテムを10月2日(金)より限定発売。
  • LEXUS international グローバルブランディング室 グループマネージャー 中澤次郎氏。
  • バーニーズ ニューヨーク 銀座店のウィンドウディスプレイ。
日本でのブランド展開10周年を迎えるトヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」、そして日本上陸25周年のスペシャリティストア「BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)」。このふたつのブランドの周年記念に寄せて異色のコラボレーションが実現した。

今回のコラボレーションでは、レクサスとバーニーズ ニューヨークのクラフトマンシップへのこだわりが共鳴し、レクサスの世界限定500台のスーパーカー「LFA」のシートレザーを贅沢に使用し、バーニーズ ニューヨークがセレクトした職人の手により生み出されるトートバッグやドライビングシューズなどのこだわりのレザーアイテムを始めとする9種のファッションアイテムが限定発売となった。

10月1日(木)、バーニーズ ニューヨーク 銀座店にて、BARNEYS NEW YORK×CRAFTED FOR LEXUSプレスデーが開催。イベントには、LEXUS internationalグローバルブランディング室のグループマネージャー・中澤次郎氏と、株式会社バーニーズ ジャパン クリエイティブディレクター・谷口勝彦氏が登壇し、今回のコラボレーションについてや、ものづくりのこだわりについて語った。

今回誕生したレザーアイテムに使用されたスーパーカー「LFA」のシートレザーについて中澤氏は、「クルマのシートは、汚れや傷などに対して、非常に強い耐久性の基準が求められ、さらに軽さや見た目の綺麗さも求められる最高級品質のものです」と話す。続けて、今回誕生したドライビングシューズを手に「ぜひこれでドライブにでかけていただきたいと思います」と語った。

谷口氏は、バーニーズ ニューヨーク店舗のウィンドウの演出について、カスタマーが店頭で実際に商品を手に取ってもらう前に注意を喚起する方法として、「LFAを製作する際に人が手で描いたスケッチを借りて、模型も借りて、ウィンドウに展示しハンドメイド感を出しました。人が時間をかけて作るということは、車でも場所でもお客さんの心に届くのではないかと考え、あえて写真を使わずにスケッチのみで展示したんです」と話した。

谷口氏は、サングラスケースについて「LFA自体の存在をご存知の方が、シートと同じレザーを使用していることを面白いと思うのはもちろん、それ以外のみなさんにも楽しんでいただける商品だと思います」とコメント。

最後に、両者はそれぞれ以下のように今後のブランドの展望について語った。

谷口氏「今後も新しい出店など、常に新しい変化が必要だと思っている。しかし、新しくてもどこか人間臭いハンドメイド感も守りながら、革新していきたいと思っている。そのようにトライしていくことがバーニーズの役割だと思っている」。

中澤氏「レクサスはまだまだ若いブランドです。レクサスも常に新しいことを創造していくブランドであり、いろいろなチャレンジをしていくことを目指し、このような異業種コラボレーションなど、常に人々に驚きや感動を伝えるブランドでありたいという信念を持っています。バーニーズさんともカラーや商品のバリエーションなど、今後もご縁を広げさせていただきたい」。

コラボレーションアイテムの価格帯は、4,000円~160,000円(税別)。バーニーズ ニューヨーク全店に加え、バーニーズ ニューヨーク オンラインストアおよび、INTERSECT BY LEXUX-TOKYO(南青山)にて購入できる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top