山本耕史、土方歳三役でキメ台詞「待たせたな」にネット民も歓喜

最新ニュース

山本耕史【写真:竹内みちまろ】
  • 山本耕史【写真:竹内みちまろ】
  • 「あさが来た」公式サイト
 放送開始から20%以上の高視聴率で話題を集めているNHK連続テレビ小説「あさが来た」に14日、俳優の山本耕史演じる土方歳三が登場し、さらなる盛り上がりをみせている。

 山本はドラマ冒頭、池田屋に遅れて突入するシーンで、後光を浴び、カメラ目線で「新選組副長、土方歳三だ」「待たせたな」のキメ台詞で颯爽と登場した。

 この登場シーンは、11年前に放送された大河ドラマ「新選組!」で同じく土方歳三を演じた山本が言った台詞と同じ。このなんともニクイ演出が、ファンの心を鷲掴みした様子で、放送中からネットを中心に大盛り上がり。ネットでは「今日のあさが来たの土方歳三の配役は完璧すぎる。昔の大河ドラマ知ってるとより楽しい」「私の中で山本耕史さんと言ったら土方歳三だし、土方歳三といったら山本耕史さん」「大河ドラマから11年経っているけど懐かしいぃぃー」「新選組!復活。NHKさん本当にありがとう」「後光がさして→「待たせたな」w」「今日の朝ドラに大河ドラマ新選組の土方歳三がそのまま出た模様」など、ツイッターでもトレンド入りするほどの盛り上がりぶりをみせた。

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」は、朝ドラでは初となる江戸時代後期を舞台とし、京都の豪商の娘・今井あさが大阪で様々な事業を起こし、日本で初めての女子大学設立に尽力する姿などを描く。NHK総合などで午前8時から、全156回の放送を予定。

山本耕史の土方歳三が登場、キメ台詞「待たせたな」にネット民も歓喜

《花》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top