人気グループ「超特急」、初主演映画のカットシーンに嘆き節?

最新ニュース

『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
  • 『サイドライン』特別上映会
ももクロの弟分として結成されたメインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」が初主演を務める『サイドライン』の特別上映会が10月18日(日)、都内で行われ、メンバーのコーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシが勢ぞろいした。

町内会の青年団メンバーである幼なじみ7人が、母親を勇気づけたいと願う少女のために、男子チアリーディングに挑む青春ドラマ。“3号車”ことリョウガは「演技に関しては、ほとんどのメンバーが初挑戦。でも、俳優として化学反応した作品で、普段とはまったく違う姿を見てもらえるはず」と初主演映画をアピールした。

ただ、コーイチとタカシは苦労したシーンが「ばっさりカットされていた」と嘆き節。同席した福山桜子監督は「芝居が悪くてカットしたわけじゃない」と釈明し、「最初はみんな、演技に対して構えた姿勢だったが、だんだん役を演じるのではなく、生きることを意識してくれた」とメンバーの成長ぶりをたたえていた。

この日は、「超特急のメンバーになりたい」という4歳の男の子が駆けつけ、あこがれのメンバーと対面。7人は男の子の夢が実現するよう、映画にちなんで“応援”パフォーマンスを披露していた。

『サイドライン』は10月31日(土)よりユナイテッドシネマ豊洲ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top