【USJ】デロリアン前に300人のゲストが集結!30年後の“未来”記念日をパークで祝福

最新ニュース

アトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」
  • アトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」
  • アトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」
21日(水)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気アトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」にある車型タイムマシン“デロリアン”の前に、映画の主人公マーティの衣装をまとった仮装ゲスト、約300名が大集結! 劇中で主人公がタイムトラベルをした30年後の未来となる“2015年10月21日午後4時29分”を盛大にお祝いした。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(’89)は、主人公のマーティが車型タイムマシンのデロリアンに乗って30年後の未来にタイムトラベルするシーンで幕を開ける大人気作で、2015年10月21日午後4時29分はマーティがタイムトラベルをした“未来”だ。この日はネットやメディアでも熱視線が注がれていて、ファンを中心に盛り上がっていた。

USJでは午後4時頃、パーク内の「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」のアトラクション前に、映画にまつわる仮装をしたゲストやファンが続々と集結。1分前には自発的にカウントダウンが始まって、午後4時29分を迎えた瞬間、おなみのセリフ「バック・トゥ・ザ・フューチャー!!」という約300名のゲストの大歓声が上がった。衣装のみならず、宙を舞うホバーボードや劇中で重要なアイテムとなったスポーツ年鑑など小道具の類も凝っていて、写真撮影ではマーティとドクが腕時計を見るおなじみのポーズでパチリ!

東京から来場したという30代の女性は、「アトラクションやデロリアンがあるパークで、この日を過ごそうと思い東京から来た。未来の日を迎え不思議な感じ。映画と違った未来があるのかなと思うとワクワクする!」と興奮気味にコメントした。午後4時29分を迎えた後も、デロリアン前で記念撮影やファン同士で熱く語るなど、祝福ムードが続いていた。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top