佐藤健、主演ドラマ「天皇の料理番」4部門制覇に「すごく幸せ」

最新ニュース

「東京ドラマアウォード2015」 - (C) TBS
  • 「東京ドラマアウォード2015」 - (C) TBS
  • 個人賞、主演男優賞を受賞した佐藤健「東京ドラマアウォード2015」 - (C) TBS
“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと2008年に創設され、今年で8回目を迎える「東京ドラマアウォード」。10月21日(水)、「東京ドラマアウォード2015」の受賞式が開催され、「TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番」が作品賞・主演男優賞を含む4部門制覇という快挙を成し遂げた。

作品の質の高さだけではなく、海外発信を見据え“市場性”“商業性”も重視した同アワード。今回は昨年7月から今年6月までに放送されたドラマの中から、日本映画テレビプロデューサー協会および、新聞・テレビ誌各社のドラマ担当、テレビ各局のプロデューサーによって選考された。

「天皇の料理番」は作品賞・連続ドラマ部門のグランプリに輝き、主人公・秋山篤蔵を演じた佐藤健が主演男優賞、篤蔵の妻・俊子を演じた黒木華が主演女優賞、篤蔵の兄・周太郎を演じた鈴木亮平が助演男優賞を受賞。本作品を手掛けたプロデューサー・石丸彰彦、演出・平川雄一朗、脚本・森下佳子は「JIN-仁-」のグランプリ受賞以来2度目の受賞となった。

本作は直木賞作家・杉森久英の同名小説が原作の、大正~昭和の宮内省大膳頭を務めた実在の人物・秋山徳蔵氏の人生を描いたドラマ。佐藤さん演じる主人公・篤蔵が、がむしゃらにまっすぐ夢を追い続ける姿と、そんな篤蔵を優しく温かく支える登場人物たちの愛の物語が好評を博し、全12話の平均視聴率は14.9%と2015年4月期の民放連続ドラマの中でトップを記録(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)、「自分の半年を捨てても良い」と役作りで体重を20キロ落とした鈴木さんの衝撃のビジュアルも話題を呼んだ。

佐藤さんは個人賞も受賞しており、感想を尋ねらると「個人賞に関しては作品に獲らせて頂いた賞だと思っています。作品賞でグランプリを受賞できて、共演者やスタッフの方たちと久々に再会できて、皆で素敵な場で立つことができて、すごく幸せです」と喜びのコメント。

「人ひとりの一生を自分一人で演じさせて頂く経験は初めてでしたので、この役を演じるのは難しかったです。僕の中にないものを持っている役柄だったので、それをいかに表現するかということに苦労しました」と撮影をふり返ると共に、「物語の後半になればなるほど役に対する想いが、どんどん強くなっていきました。撮影の後半は黒木さんや亮平さんの顔を思い出すだけでこみ上げる想いがありました」と語った。

TBSではこのほか、2014年8月15日に放送した「テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束~星になったこどもたち~」が作品賞・単発ドラマ部門の優秀賞を受賞。さらに、2014年7月期に放送した日曜劇場「おやじの背中」をプロデュースした八木康夫もプロデュース賞を受賞した。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top