リュ・スンワン監督、武田梨奈を絶賛「誘拐して撮影現場に連れていきたい」

韓流・華流

リュ・スンワン監督、武田梨奈/『ベテラン』来日イベント
  • リュ・スンワン監督、武田梨奈/『ベテラン』来日イベント
  • 武田梨奈/『ベテラン』来日イベント
  • リュ・スンワン監督、武田梨奈/『ベテラン』来日イベント
  • リュ・スンワン監督/『ベテラン』来日イベント
韓国で動員1,340万人を超え大ヒットを記録した『ベテラン』のメガホンをとったリュ・スンワン監督が来日し、11月19日(木)東京・LEFKADAで来日イベントが行われ、アクション女優の武田梨奈が駆けつけた。武田さんは、劇中に出てくる前蹴りを力強くパフォーマンスし、場内をざわつかせた。

『ベテラン』は政府さえ金の力で動かす大財閥と、悪は絶対許さない武闘派“ベテラン”刑事率いる5人の個性派広域捜査隊の対決を描いた作品。『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』などで、キレのある格闘シーンを演出した“アクションの神”とも呼ばれるリュ・スンワン監督が本作でもその手腕をいかんなく発揮している。

日本ではあまり馴染みのない、韓国における財閥という位置づけについて、リュ監督は、「会社を個人の所有物として考えて、経営の専門家を呼ばず家族が世襲する状況があります。ただ私は財閥そのものが悪いとは思っていなくて、作り出すシステムや方式が誤っているのではないかと思います」と熱弁をふるい、財閥や韓国社会について解説していた。

真面目に語っていた監督だったが、アクション女優の武田さんが現れると表情を一変させ、にこにこ。武田さんが作品について格好いいとべた褒めすると、リュ監督は「美女に褒められてうれしい」と鼻の下を伸ばしていた。さらに、武田さんが「作品を観ていたので、ものすごい怖い方なのかなというイメージがありましたが、とてもさわやかで。見られると私も照れちゃう」と微笑みかけると、リュ監督もはにかみ、「私はデビューが早かったので、韓国の人たちは私のことをかなり年配だと思っていることも多いんです。でもご覧の通りまだ青春の真っただ中です(笑)」と、コリアンジョーク(!?)も快調だった。

劇中で、紅一点のミスボンが繰り出す必殺の前蹴りのシーンについて触れ、武田さんが実践するのでアクションを指導してほしいと懇願すると、リュ監督は快く承諾。気合いの入った蹴りを披露し、リュ監督が主わず「ああ」とため息をもらし、「僕も蹴られたいです(笑)。指導するまでもなくパーフェクトな姿勢でした。別の蹴りも見たいですね」とさらなるリクエストを武田さんに振った。

すると、武田さんは得意という後ろ回し蹴りをスタッフにきめ、これにはリュ監督も大喜び。「武田さんを誘拐して撮影現場に連れていきたいです。もしチャンスがあれば素晴らしいアクション演技を、私の作品の中で見られる日がくるといいなと思います」と興奮気味に話すと、武田さんも嬉しそうに「いつでも韓国行きます」と熱いラブコールを送り合っていた。

『ベテラン』は12月12日(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top