チュ・ジフン、官能シーンに初挑戦!快楽をむさぼる暴君の時代描く『背徳の王宮』

韓流・華流

『背徳の王宮』ポスタービジュアル (C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『背徳の王宮』ポスタービジュアル (C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
  • 『背徳の王宮』 (C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『コンフェッション 友の告白』『私は王である!』などで知られるチュ・ジフンが大胆なベットシーンに初挑戦したことでも話題の『The Treacherous』(英題)が、『背徳の王宮』として2016年3月19日(土)より全国公開されることが決定。併せて、官能的な王朝絵巻を思わせるポスタービジュアルが解禁となった。

稀代の暴君として知られる朝鮮王朝第10代国王・燕山君(ヨンサングン:キム・ガンウ)。彼は、その異常な色欲を満たすため、国中の美女を王宮に集めるよう命じる。王の信頼を利用して実権を握ろうとする家臣イム・スンジェ(チュ・ジフン)は、1万人もの美女を強引に召集。女たちは生きるため“王の女”の座を目指し、官能の秘技を肉体に刻み込んでいく。なかでも謎の色香を秘めた娘ダニ(イム・ジヨン)に心惹かれたスンジェは、彼女に王の寵愛を独占させようと特別な教育を施す。

また、王の寵妃チャン・ノクスも、野心に満ちた芸妓ソル・チュンメを使い、スンジェの野望を牽制していた。狂気に満ちた絢爛の王宮で、“性”を楯に明日をも知れぬ権力争いは激しさを増し炎上していく――。

本作は、快楽をむさぼる稀代の暴君と、王を利用し天下を取ろうとする家臣、そして生きるために“王の女”の座を目指す1万人もの美女たちによる、権力の座を奪いあう官能の愛憎劇。家臣の視点で見つめた時代の騒乱と、暴君としてだけではない“人間・燕山君”の知られざる一面が、これまでの王朝絵巻とはひと味異なる新鮮な視点で描かれる。

主演は、『コンフェッション 友の告白』での好演も記憶に新しい人気俳優チュ・ジフン。美女たちを利用し、野心を抱く家臣役でその“生意気”なカリスマ性を極限まで高め、緊迫の人間ドラマに深い奥行きを与えながら、初めての大胆なベッドシーンに挑戦。ファンの間でも話題を呼んでいる。

暴君の王を演じたのは、『サイコメトリー~残留思念~』で熱血漢を演じたキム・ガンウ。自身初の時代劇で凄まじい変貌を遂げ、喜怒哀楽をさらけ出す難役を熱演する。さらに、デビュー作『情愛中毒』でソン・スンホンの相手役を務め、注目を集めた妖艶な女優イム・ジヨンと、ヌードモデル役でミラノ国際映画祭「主演女優賞」に輝くイ・ユヨンら“次世代ミューズ”がフルヌードの濡れ場を大胆に演じ、その“艶技”で華を添える。

監督を務めたのは、『僕の妻のすべて』『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』などコンスタンントにヒット作を生み出しているミン・ギュドン。野望と欲望うずまく史劇に初挑戦し、時代の風情を表現した宮廷の装飾や音楽などに彩られた、エロティックかつ人間的な“官能時代劇”を堪能あれ。

『背徳の王宮』は2016年3月19日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top