閉館が決まった渋谷シネマライズで、最後の上映作『黄金のアデーレ』イベント開催

最新ニュース

中村玉緒、ヒロシ/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
  • 中村玉緒、ヒロシ/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
  • 中村玉緒/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
  • ヒロシ/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
  • ヒロシ、中村玉緒/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
  • 中村玉緒、ヒロシ/『黄金のアデーレ 名画の帰還』シネマライズイベント
単館系映画館の雄として約30年にわたり、ミニシアター文化をけん引し、来年1月の閉館が決まっている東京・渋谷のシネマライズで11月26日(木)、最後の上映作となる『黄金のアデーレ 名画の帰還』のPRイベントが開催された。

渋谷・スペイン坂上に1986年6月に開館し、国内外のエッジが利いた秀作を上映した同劇場。『アメリ』『トレインスポッティング』『ムトゥ踊るマハラジャ』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『ロスト・イン・トランスレーション』など“ライズ発”のロングランヒット作も多数生み出した。しかし、同じ渋谷エリアでのミニシアターの相次ぐ閉館、さらに向かいに立つ渋谷パルコの建て替えに伴う環境の変化が追い打ちとなり、2016年1月のシネマライズ閉館が決定した。

そんな同劇場にとって最後の上映作となるのが、グスタフ・クリムトが描いた肖像画をめぐる、驚くべき実話を映画化したヘレン・ミレン主演の『黄金のアデーレ 名画の帰還』。オーストリア政府を相手に、叔母をモデルにした名画<黄金のアデーレ>の返還を訴えた老婦人&新米弁護士コンビの奮闘を描いている。

イベントにはタレントの中村玉緒とヒロシが、登場人物をイメージした衣装に身を包んで出席。自身も波瀾万丈の人生をおくる中村さんは「どんなに挫折しても、こんな風に忍耐強く生きる道があるんだなと思いました。私も生きがいを見つけたい」と最後まで戦い抜いた主人公に共感しきり。一方、ヒロシさんは「いま、辞め時を考えているところ。挫折し疲れました…」と自虐的に話していた。

また、中村さんは9月5日に亡くなったことがわかった大女優・原節子さんを「あこがれと言うより、神様のような女優さん」と偲んでいた。

この日はアート鑑賞が趣味の母親の指導のもと、子ども二人が名画をユニークに贋作する親子三人組ユニット「アーブル美術館」が描いた<黄金のアデーレ>がお披露目された。11月27日(金)から12月18日(金)までシネマライズで展示される。

『黄金のアデーレ 名画の帰還』は11月27日(金)よりシネマライズ、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top