阿部寛&天海祐希、初の夫婦役に! 『恋妻家宮本』2017年公開

映画

『恋妻家宮本』で夫婦役で初タッグを組む阿部寛&天海祐希
  • 『恋妻家宮本』で夫婦役で初タッグを組む阿部寛&天海祐希
  • 阿部寛
  • 天海祐希
テレビドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」「○○妻」といった数々の話題作を世に放ち、今クールの「偽装の夫婦」を手掛ける気鋭の脚本家・遊川和彦が初めてメガホンを握る『恋妻家宮本』。本作で阿部寛と天海祐希が初めて夫婦役でタッグを組むことが明らかとなった。

息子が結婚して独立し、25年ぶりに夫婦2人きりで生活することになった中学校の中年教師の宮本陽平は、ある夜、妻が隠し持つ離婚届を偶然発見してしまう。妻に問い質す勇気もなく、突然熟年離婚の危機に面した主人公が人生に悩み、葛藤しながらも中学校の教え子や料理教室の仲間と関わる中で家族の在り方を再認識して、妻と新たな一歩を踏み出していく…。

家族小説の名手である重松清の「ファミレス」(日本経済新聞出版社刊)を、独自の視点で現代の家族を描き続けてきた遊川さんが大胆に脚色し、実写化する本作。熟年離婚が当たり前となった現代において、子どもが独り立ちした夫と妻が50代からの夫婦生活とどう向き合うのかをコミカルかつハートフルに描き出す。主人公の中学校教師・宮本陽平を演じるのは、現在放送中のテレビドラマ「下町ロケット」(TBS)での心揺さぶる熱演が印象深い阿部寛。その妻・美代子を「偽装の夫婦」(日本テレビ)で強烈な個性の主人公を演じるなど、同世代の女優の中で人気実力共に群を抜く天海祐希が演じる。2人が夫婦役を演じるのは本作が初となる。

自らの作品の中において一貫して、鋭く斬新な視点で現在の家族を描き続けてきた遊川さんが、これまで自分の人生は、結婚は果たしてこれで良かったのか自信を持てない主人公を通して“気のきいた言葉を言わなくてもいい、たとえ失敗してもいい、ただただ愛を伝えようという気持ちを持ち続けること。「愛を伝えることの大切さ」を伝えたい”と語っている。

“遊川和彦×重松清”のヒットメーカーと、実力派の阿部さんと天海さんがタッグを組み、現代の夫婦、家族の在り方を提起する本作は2016年1月より撮影を開始し、2017年公開予定。今後発表となるキャスト陣など、続報に期待したい。

<以下、キャストコメント>

■阿部寛(宮本陽平役)

遊川さんと天海さんがいままで何本も面白い作品を作ってきたのを一視聴者として楽しませていただいてきました。その一角に加えていただき大変嬉しく思っています。天海さんに色々助けていただきながら、遊川監督のもと素晴らしい作品を目指したいと思います。この作品の話をいただいたとき、遊川さんとお話させていただき監督の並々ならぬ作品への情熱を感じました。その情熱で重松清さんの世界を遊川流にどう演出なさるのかいまから楽しみです。

■天海祐希(宮本美代子役)

連続ドラマでは何本もご一緒させて頂いている遊川さんが、初めて映画でメガホンをとられる! どんな役でも良いから、ぜひ参加させて頂きたいと思っていました。これがまた、大好きな重松清さんの作品で、更に、素敵な阿部寛さんとご一緒させて頂けるなんて! トリプルで幸せでございます! 長く共に歩んで来た夫婦の、悩みや不安や、お互いを思う気持ち、形に遊川監督の元、阿部さんと力を合わせて取り組んで行かれたらと思います。実は、脚本を読んで泣くわ、笑うわ、大変でした。この想いを、多くの皆様に届けられる様に、頑張りたいと思っています。

『恋妻家宮本』は2017年、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top