J・K・ローリング、ハリー・ポッターが次男にスネイプ先生にちなんだ名前を付けた理由明かす

最新ニュース

J・K・ローリング-(C)Getty Images
  • J・K・ローリング-(C)Getty Images
  • J・K・ローリング
  • J・K・ローリング-(C)Getty Images
J・K・ローリングは「ハリー・ポッター」シリーズのキャラクターであるセブルス・スネイプへの許しと尊敬を表するためにハリー・ポッターが2人目の息子をアルバス・セブルスと名付けたと明かした。

「なぜハリーはスネイプにちなんで自分の子どもに名前を付けたのですか? 彼はみんなを罵倒するような人だったので、純粋にその理由に興味があります」とファンからツイッターを通じて質問を受けたローリングは、ホグワーツ魔法魔術学校で魔法薬学の教授を経て校長に就任したスネイプがハリーを本当に嫌っていたという見解に対しスネイプがハリー一家のために自身を犠牲にしたことを例に挙げて異論を唱えたうえで、質問の答えを明らかにしたのだ。

「スネイプは(ハリーの母親)リリーを心の底から愛していたから、ハリーのために死んだのよ。だからハリーはスネイプに対して許しと尊敬を評したの」「ハリーがなんでスネイプの名にちなんで子どもに名前をつけたかに関してはこれがすべてよ。この決断は争いの後にハリーが下した心からのものだったの」。

「スネイプに敬意を表しながらハリーも心の中で自身を許してほしいと願ったのよ。ホグワーツの戦いでの死をハリーは永遠に忘れることが出来ないから」「これは言っておかなくちゃね。ここ数年間、みんなはスネイプについて議論を行ってきているわよね。私の予定表はたったいま、またもや愛と怒りで爆発しちゃったわ。一生変わらないけどね」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top