「進撃の巨人展」海を越え“ 台湾”に進撃!12月11日より巡回展

最新ニュース

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
2014年から全国を巡回した企画展「進撃の巨人展」が海外初進出を果たす。12月11日から台湾・台北松山文創園區にて、「進撃の巨人展 WALL TAIPEI」が開催される。
すでに台湾では巨人たちによるプロモーションを展開中だ。『進撃の巨人』が海外でも大きな旋風を巻き起こしている。

「進撃の巨人展」は2014年11月に東京・上野の森美術館で開催。その後、2015年8月に大分、9月には大阪で行われ、累計入場者数は40万人を突破した。
海外初進出となる「進撃の巨人展 WALL TAIPEI」では、原作の原画を多数展示する。立体起動装置を使って空を翔けながら巨人と戦うスピード感あふれるバトルシーンなどを体感することができるなど、立体映像と造型を融合させた総合展示企画は海外のファンも熱狂させるに違いない。

台湾ならではの展示もある。現地クリエイターとコラボレーションしたオリジナルの展示が予定されている。
現地で展開するグッズも同様だ。台湾だけのオリジナル用意する。公式ガイドブック2016、カレンダー、ショッピングバッグなど、多彩なアイテムが揃った。現地のファンならずとも気になるに違いない。

展覧会に合わせた様々な企画も面白い。台北市内には学校や道路に巨大な足跡が出現。建物や河川には巨人の影が映り込み、モールが破壊されるなど、街全体で開催をアピールする。
市内の大型百貨店・太平洋SOGO忠孝館では巨人に備えるため調査兵団訓練所を設立。入り口には超大型巨人の頭部が置かれ、エレベーターには原作のコマが装飾された。
さらに国賓シネマ・誠品書店ではパネルも登場した。Yahoo台湾では特設サイトもオープンし、最新情報を確認できる。
様々なシーンで台湾を席巻する「進撃の巨人展 WALL TAIPEI」は、12月11日は2016年2月29日までの約2ヶ月半、台北松山文創園區にて行われる。
[高橋克則]

「進撃の巨人展 WALL TAIPEI」
日時: 2015年12月11日~2月29日 10時~18時
会場: 台北松山文創園區

「進撃の巨人展」が海を越えた 台湾に進撃で12月11日より巡回展

《高橋克則》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top