三船敏郎、『スター・ウォーズ』出演を断った秘話 娘・美佳が語る

最新ニュース

三船美佳/「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 三船美佳/「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 三船美佳、レイ・パーク/「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • イアン・マクダーミド/「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • 「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
  • レイ・パーク/「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」開催発表会見
テクノロジーとエンターテインメントを融合させた大型イベント「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」の開催発表会見が12月4日(金)、都内で行われ、タレントの三船美佳が出席。父で俳優の三船敏郎が、『スター・ウォーズ』第1作の出演を断った秘話を語った。

かつてジョージ・ルーカス監督が、シリーズ第1作『スター・ウォーズ』(現在の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』)の重要キャストとして、三船さんにオビ=ワン・ケノービ役をオファーしたのは有名な逸話。ご承知の通り、実現はしなかったが、その経緯について、美佳さんは「当時はまだテクノロジーが発達していなかったし、SFは子供向けというイメージも強かった。武士道やサムライ魂を表現するのは、不可能なのではと考えたようです。それを聞いたルーカスさんは、『じゃあ、ダース・ベイダー役ならどうか』と言ってくださったそう」と明かした。

「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」は日本で初開催されるアメリカン・スタイルの大型ファン・イベント。テクノロジーとエンターテインメントが融合した新たなビジネスの創造を目指し、俳優やスタッフなど世界的に活躍するセレブリティを数多く招致し、サイン会、撮影会、トークイベント、コレクターズアイテムの販売、最新テクノロジーの展示など多岐にわたるコンテンツが一同に会する予定だ。

イベントを主催するスティーブ・ウォズニアック氏は、「テクノロジー、ポップカルチャーの両面で素晴らしい創造性と、人として最も重要な優しさを持ち合わせた日本で、トップ・セレブリティたちとファンが直接交流できる機会を作れることに、いまからとても興奮しています」と抱負をコメント。また、美佳さんが披露したエピソードを聞き「いまの映像テクノロジーがあれば、お父さんの三船さんを説得し、オビ=ワンを演じてもらえたかもしれないね」と語った。

会見には『スター・ウォーズ』シリーズで、パルパティーン皇帝/ダース・シディアスを演じたイアン・マクダーミド、ダース・モール役のレイ・パークが駆けつけ、自身の役作りに日本文化が深く関わっているとコメント。また、女性コスプレイヤーの御伽ねこむが近未来的な衣装で登場し、着物姿の美佳さんとの“日本的”コントラストを演出していた。

「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」は2016年12月3日(土)~4日(日)、幕張メッセで開催される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top