写真家・森山大道、モノクロから一転カラー写真を展示する「DAIDO IN COLOR」開催

最新ニュース

森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
  • 森山大道による写真展「DAIDO IN COLOR」が開催
写真家・森山大道によるカラー写真の展覧会「DAIDO IN COLOR」が、12月15日から16年1月30日まで東京・原宿のアートスペースAMにて開催される。

60年代後半から80年代前半にかけて撮影された森山大道の作品は、モノクローム写真が作品の大半を締めていたが、グラフ雑誌の依頼などで路上でのスナップショットをカラーのリバーサルフィルムで撮影する機会があった。同展では、それらのカラー写真にフォーカスし、8×10インチサイズにプリントした150作品を展示する。1年間ほど続いた『週刊プレイボーイ』での連載のためのヌード写真(70年から71年)や、海外出張の渡航費用を捻出するために引き受けた作家・団鬼六とともに制作した『蜉蝣』のための緊縛写真を撮りおろしたのもこの時期。

森山は、「モノクロームでは、プリントで操作をしたり粒子を荒らしたりできるが、カラーではそれができないし、そもそも考えていないんです。カラーでは、ニッポンの東京の俗っぽい場所や生々しい色を撮っている。単純にいうと、モノクロームには、印象性、象徴性、抽象性があるけれど、カラーには、ポップでクリアーでジャンク、いい意味でペラペラな感じがあるね。より心情的なモノクローム、より通俗的なカラー。自分の中にも両方があるわけだから、どちらも自分。分けることはできないんだよ」と語っている。

【イベント情報】
「DAIDO IN COLOR」
会場:アートスペースAM
住所:東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301
会期:12月15日~16年1月30日
時間:13:00~19:00
休館日:月・火曜日

森山大道のカラー写真150点を展示する「DAIDO IN COLOR」が原宿で開催

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top