中谷美紀、最強の“ モテない女”役に挑戦!「罵倒されることが心地よい」

最新ニュース

-(C)TBS
  • -(C)TBS
  • 中谷美紀
女優の中谷美紀が、「夢をかなえるゾウ」の作家・水野敬也が手掛けた恋愛マニュアル本「スパルタ婚活塾」を原案にしたオリジナルドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」にて、5年ぶりのTBSドラマ出演&15年ぶりの主演を務めることが決定した。

「自分はいつでもしようと思えば結婚できる!」と高をくくり、充実したシングルライフを満喫していた“上から目線”のアラフォーヒロイン・橘みやび。ある日、女友だちと訪れた割烹料理店で超毒舌な店主から自分が“美人・キャリア・アラフォー”という三重苦を背負った“恋愛弱者(モテない女)”に陥っているという現実を突きつけられた。最初は十倉の客とも思わぬ不遜な態度に激しい怒りを覚え店を後にしたみやびだが、現実に向き合ってみると、恋愛&婚活市場では自分が“恋愛弱者”に貶められていることを突きつけられ、不承不承ながら毒舌男・十倉の助言に耳を傾ける羽目になり…。

“39歳・超プライドが高い独身女子”VS“超ドSな毒舌恋愛スペシャリスト”が織り成すスタイリッシュでリアルなスパルタラブコメディの本作。原案は、水野氏のブログ「ウケる日記」で連載され大反響を受け書籍化された「スパルタ婚活塾」。本書の中で展開された徹底した“男目線”による女性のための恋愛論をエッセンスに、大河ドラマ「花燃ゆ」『へルタースケルター』などの数々の作品を手掛けている金子ありさを脚本に迎え、オリジナル作品としてドラマ化する。

主演を務めるのは、大河ドラマ「黒田官兵衛」やドラマ「ゴーストライター」での好演も記憶に新しい中谷さん。TBSドラマに出演するのは、日曜劇場「JIN-仁-完結編」以来5年ぶり、かつ主演としては15年ぶりだという。演じるのは、自他共に認める才色兼備な美容皮膚科医の橘みやび。ある日、高校の同窓会で自分と周囲との“存在価値のギャップ”に愕然…その後訪れた和風割烹「とくら」で超ドSな店主に、女性としての存在価値全てを一刀両断に打ち砕かれる役どころだ。

中谷さんは本作の感想を「テンポの良さと痛快な台詞、私の人生そのものを言い当てているかのような物語に、瞬く間に引き込まれ、抱腹絶倒しました」とコメント。さらに「まさに私も『結婚できないんじゃなくて、しないんです』と思っていましたし、そう言い続けてきましたが、『スパルタ婚活塾』や台本を読むうちに、『本当は私も結婚しないんじゃなくて、できないのだろうか?』と不安になりました」と、役柄との共通点について正直な胸の内を明かした。

中谷さん演じるみやびに自称“恋愛アドバイザー”として立ちはだかり、その精悍なルックスからは一見想像もつかないほどの超毒舌でみやびの言動にスパルタ恋愛術という名の鋭いメスを突き立てる強気な“俺様”・十倉誠司を演じるのは、映画・ドラマに多数出演し、近年は蜷川幸雄演出「海辺のカフカ」など舞台のでも活躍している藤木直人。中谷さんは藤木さんとの共演について「藤木さんの美しいお顔立ちから矢継ぎ早に放たれる毒舌恋愛論は、『プレ更年期のうぬぼれ女ドクター』などと、いちいち腹立たしいのですが、世の女性たちははっきりと物を申す、十倉のような男性を待っていたのかもしれません。藤木さんに罵倒されることがだんだん心地よくなってきました」と告白した。

そのほか、オーガニックカフェのデリバリースタッフで、その愛らしいルックスと愛嬌の良さから“フェアリー男子”と称される橋本諒太郎役に、『合葬』で柳楽優弥とW主演を務めた若手俳優の瀬戸康史。みやびのクリニックの看護師のひとりで、まだ20代半ばながらすでに精力的に婚活を展開する野村梨花役に、モデル・女優とマルチに活躍する大政絢。みやびが高校時代に片思いをしていた同級生で、久しぶりの再会を機に再びみやびから恋愛対象として想いを抱かれる商社マン・桜井洋介役に、近年は俳優としても名が通ってきた「チュートリアル」の徳井義実。そして、才色兼備の一人娘・みやびをこよなく愛する着物美人な母・昭子役に、夏木マリと、多種多様で豪華な顔ぶれが集結した。

いまや39歳以上の男女5人に1人が未婚という時代。そんな現代でも、力強く幸せを掴もうと奮闘するヒロインに、きっと貴方も元気をもらえること間違いなし。

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」は2016年4月期、毎週金曜日22時より放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top