島崎信長、鈴木達央、内山昂輝、ムチャぶり(?)中学生役の苦悩を吐露!

最新ニュース

『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』初日舞台挨拶
  • 『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』初日舞台挨拶
  • 『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』初日舞台挨拶
  • 『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』初日舞台挨拶
人気アニメ「Free!」の原点とも言える、主人公たちの中学時代を描く完全新作『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』が12月5日(土)に公開を迎え、声優を務めた島崎信長、鈴木達央、内山昂輝に武本康弘監督が舞台挨拶に登壇した。

ついに公開を迎え、「Free!」からの熱烈なファンの拍手に迎えられた島崎さんだが現在の心境を問われると「率直に言って、なんと言っていいか分からないというのが正直な気持ち。試写を見終えて、感想は『面白い』とか『面白くない』、『ここがいい』とかではなく、いろんな気持ちがこみ上げてきました。『Free!』からやってきた過去もありつつ、気持ちを整理しないままにここにいます。たくさんの人に愛していただけるのは嬉しいです」と思いの丈を語った。

中学生役ということに、三者三様に難しさを感じた様子。鈴木さんは「ムチャぶりです! 『マジかよっ? これはマズいぞ』と思った」とイベントで本作の製作がサプライズ的に発表された際の思いを振り返る。特に「Free!」では真琴の小学生時代を雪野五月が演じており「ハードルでした。数か月前(=小学6年生)までゆきのさんだったのに、何が起こったのか? となるけど(苦笑)、それをきちんと受け取りたいと思いました。雪野さんがやるならこういうアプローチかも…とずっとフィルムを見続けてました。その意味では、雪野さんと作った感じです」と語る。

島崎さんも、遙の小学生時代と高校時代の間に位置する空白の中学時代を「どう埋めていくか? 繋げていくか悩んだ」と述懐。遙らしさとは? 『ハイ☆スピード!』らしさとは? 『Free!』らしさとは? 中学生らしさとは何か? と考えつつやりました」と苦悩を明かした。

内山さんも「オーディションもなくいきなり呼ばれ、しかも中学生…。『若いな…』と思いました。この世界では小6から中1で何かが起こるんですね(笑)」と語り、鈴木さんは「学生服を着ると何かが起こるんだよ」と劇的な“声変わり”の秘密について再び言及し、会場は笑いに包まれた。

キャスティングを決めた張本人である監督は島崎さん、鈴木さんらの参加について「そこは譲れなかった。島崎くんが演じてこその遙であり、鈴木くんが演じてこその真琴!」と強調。それでも公開を迎えるまで「不安だった」と語るが、映画を見終えたばかりの客席を見渡し「『Free!』の中にこの作品も加えていただけたのかな」と安どの表情を浮かべていた。

※島崎信長の「崎」は正しくは「立+可」の環境依存文字。

『映画 ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top