【特別映像】マイルズ・テラー、ほろ苦の“ネット恋活”を語る『きみといた2日間』

映画

『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『セッション』の熱演で大きな注目を集め、『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画の主演候補にもその名が挙がる、若き実力派マイルズ・テラー。彼が主演作『きみといた2日間』について語るインタビュー映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

ニューヨーカーのメーガン(アナリー・ティプトン)は、彼氏にフラれ、就職もできず、ルームメイトからは部屋を出て行ってほしいと言われ、八方塞がり状態。そんな現状を変えるため、ウェブサイト「ロマンス.com」で知り合ったアレック(マイルズ・テラー)と初めての“ワンナイトラブ”を試すことに。しかし翌朝、彼の部屋で目覚めると、ブリザードが街を襲い大雪で外へ出られなくなっていた! メーガンは仕方なく、一夜限りの関係のつもりだったアレックの家にもう一晩泊まることになるが――。

本作の主人公・アレックを演じるのは、『ダイバージェント』シリーズ、『ファンタスティック・フォー』など超大作からザック・エフロン共演『恋人まで1%』まで、幅広い作品に相次いで出演するマイルズ。その演技力は折り紙つきで、これからの活躍がますます期待される若手俳優の1人だ。

そんな中、彼が出演したのは“ネット恋活”から始まるラブストーリー。本作のことは、「脚本の出来が最高だったね。作品のコンセプトが気に入った。登場人物が陥る状況がね(笑)」と言う。そして、「最初2人は互いにかなり動揺している。互いに生涯の恋人かは分からないけど、短期間に2人の関係はかなり発展するんだ」と明かす。


彼が演じたアレックというキャラクターについては、「多くの人々が大学に行くのは希望する職を得るためだ。大学時代を費やし、情熱に向かって力を注ぐ。だが、アレックは違う。彼の情熱はただ人生を楽しむこと。でも、当然そんな生き方を可能にする仕事はない」と、そのダメダメぶりを語る。だからこそ、アレックは一夜限りの関係しか求めないのかもしれない。

また、もう1人の主人公・メーガンを演じたアナリーとの共演は、「楽しかったよ! 僕は数本の映画で主演の経験があるけれど、彼女は今回が初めてだったと思う。大変だったはずだよ。限られた時間で撮影していったからね。考える間もなく、先に進まなきゃならないし」と話し、彼女をねぎらった。

「メーガンが積極性を見せるのはクールだね。ジェシカ・ゾー演じる親友に言われるんだ、失恋に気落ちしないでネットを使ってセックスの相手を見つけろとね。それでメーガンは行動するんだ。男なら誰もが彼女に興味を持つはずだよ」。

そこでメーガンが新たな自分を見つけるために殻を破ったとき、アレックと出会うことになる。「みんな失恋の経験がある。最初に付き合った恋人と結婚したというケースを除けば、誰もが破局と立ち直りを経験しているはずだ。それがこの作品のテーマだよ」と真摯に語るマイルズ。

そんな彼も太鼓判を押す、ほろ苦くてキュートな恋の物語に会いに出かけてみては?

『きみといた2日間』は12月23日(水・祝)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top