夜空を黄金に照らすタイの熱気球!2015年話題の世界の絶景ランキング

最新ニュース

気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
  • 気になった旅行先ランキング
2015年も盛り上がりを見せた絶景ブーム、死ぬまでに行きたい場所として有名なボリビア・ウユニ塩湖をはじめ、大自然や絶景ビーチリゾートは一度は行きたいスポットとして根強い人気となっている。

H.I.Sは同社が運営する各種SNSアカウントの投稿のうち、「いいね」を集めた投稿をランキング形式で発表、2015年で最も話題となったスポットが判明した。

ランキングは海外の非日常空間や贅沢なリゾート空間に人気が集中する結果となったが、なんと今年は山口県・角島など国内の旅先が4つもランクインするという結果になった。


1位 熱気球が夜空を舞う絶景体験!イーペンランナーインターナショナル
タイ・チェンマイ
11月にタイのチェンマイで行われる『イーペンランナーインターナショナル』というお祭りが見事1位に。天の仏陀に感謝の気持ちを捧げ、日々の生活が幸福であるようにと願いを込め、何万ものコムローイ(熱気球)が一斉に夜空へ放たれる。無数のコムローイが天に上る幻想的な風景が話題を呼んだ。

2位エメラルドグリーンの海を臨む絶景!
山口県・角島
山口県下関市にある、人口900人ほどの島、角島。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がっていると、四国や関西地方を中心に多くの人が訪れた。美しい海の上に全長1780mもある角島大橋が伸びる光景のインパクトが大きく、大きな反響だった。

3位 一度は観たい絶景!
ボリビア・ウユニ塩湖
一度は観たい世界の絶景として有名になった「ウユニ塩湖」。その壮大で神秘的な風景は「天空の鏡」と称され、旅行者に驚きと感動を与えている。近年では、多くの旅行者がその鏡を使ってトリックアート写真を撮影、SNSで反響を呼ぶことも。

4位 世界のリゾート好きを虜にする楽園!
モルディブ
サンスクリット語で「島々の花輪」という意味の「モルディブ」。珊瑚礁が美しいインド洋に散りばめた1200あまりの島々のうち、なんと90ほどがリゾート島。一つの島に一つのリゾートという贅沢な環境のモルディブは、極上の休日を過ごすにふさわしい楽園だ。

5位 日本のベストビーチ2015に選出!
沖縄県・宮古島
白が眩しいパウダーサンドの浜辺から、沖に続く青のグラデーション。宮古島にある、息を呑むほど美しいビーチは、日本一と称されるにふさわしい景色。2015年は関西空港⇔宮古空港間に全日空直行便が就航し、宮古島へのアクセスが良くなった。

6位 紺碧のエーゲ海に浮かぶ三日月の島
ギリシャ・サントリーニ島
エーゲ海に浮かぶ三日月形の島・サントリーニ島は、世界中から観光客が訪れる人気のリゾート。断崖絶壁に建てられた白壁の街並みと紺碧のエーゲ海とのコントラストが特徴的で、その絶景が人々の心を魅了し続けている。島の北端で観る夕暮れは特に印象的で、カップルでこの美しい夕日を眺めると永遠に結ばれるというジンクスもあるそう。

7位 エメラルドグリーンの美しい海に囲まれた恋の島
沖縄県・古宇利島
沖縄北部に位置し、エメラルドグリーンの美しい海に囲まれた古宇利島。恋の島、神の島ともいわれ、パワースポットとしても注目されている。そんな美しい自然が残る入り江でマリンアクティビティを楽しんだり、小型船で古宇利大橋をくぐったり、ハート型の岩を海から眺めたり・・・古宇利島でしかできない体験は、きっと忘れない思い出になるはず。

8位 世界で最も高層階にあるオープンエアレストラン「Sirocco」
タイ・バンコク
周囲から一際目立つ67階建ての白亜の高層タワーは、「ルブア アット ステート タワー」ホテル。このホテルの高層階にあるオープンエア高級レストラン「Sirocco」と、その中にあるバー「Sky Bar」は、なんと地上247mに位置します。バンコクの夜景を観ながら、美味しいお酒を楽しめる、バンコクでイチオシの夜景スポット!

9位 美しい造形の岩壁とそこに差し込む太陽のスポット!
アメリカ・アンテロープキャニオン
岩盤の亀裂から洞窟のようになっている内部を、細い通路沿いに進行すると、神々しい造形美を堪能することができる。中でも、太陽が空の頂点にくる晴れた日中の時間帯に訪れると、頂上から日の光が、まるでレーザーのように差し込む美しい光景に出会うことができる。

10位 綺麗な星空全国第1位!
南十字星という名のリゾート「はいむるぶし」
沖縄県・小浜島
沖縄県・小浜島にある広大なリゾートホテル「はいむるぶし」。「はいむるぶし」の名称の由来は沖縄地方の方言で、「南群星」(はい・むる・ぶし)から。南側を向いているビーチテラスからの眺めが最高。「天文学者27名が厳選!綺麗な星空」で全国第1位に輝いた八重山地域のスターダストは必見だ。

夜空を黄金に照らすタイの熱気球、2015年に話題を呼んだ世界の絶景ランキング!

《タビル編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top