【予告編】どんな旅になるのやら!? 『バス旅』主題歌に由紀さおり「人生という旅」

映画

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(C)2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会
  • 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(C)2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会
  • 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(C)2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会
  • 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』(C)2015「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」製作委員会
テレビ東京の人気旅バラエティ番組を映画化した、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』。太川陽介と蛭子能収のコンビにマドンナとして三船美佳を迎えることでも話題の本作だが、この度主題歌に由紀さおりの楽曲が起用されることが決定した。さらに、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

テレビ東京で2007年より放送され、最高視聴率15.3%と好調な視聴率を獲得している人気旅バラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を映画化した本作。「新・科捜研の女2」や連続テレビ小説「つばさ」に出演する太川さんと、漫画家・タレントとして活躍し、来年春公開の『任侠野郎』では主演を演じる蛭子さんのコンビに加え、マドンナに抜擢された三船さんの3人が、日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地へ到達を目指す。

本作では“台湾”を舞台に、日本を飛び出し初の海外ロケを敢行。映画の迫力を最大限に活かすため、全編に渡って4Kで撮影され、台湾の名所旧跡の魅力を3人と旅しているかのような臨場感を味わえる作りとなっている。

今回公開されたポスタービジュアルでは、瞬時に目を引く黄色い背景と、元気いっぱいに映し出された3人の後ろには、バスはもちろん、台湾の名所も描かれている。“タイムリミットは3泊4日。魅惑の台湾で「乗り継げる」か!?”というキャッチコピーが、本作の内容への更なる想像を膨らませる。

さらに本作の主題歌が由紀さんの「人生という旅」に決定。作詞をきたやまおさむが担当し、作曲を石川さゆりや竹内まりやなどに楽曲提供をする杉真理が担当している。由紀さんは、「長く歌ってきた私の人生の歌は、軽やかで爽やかで、でも『今』の言葉が欲しいと思いました。杉真理さんのメロディーと相まって、いい感じの作品に仕上がりました。楽しみです」とコメントを寄せている。

そして同時に解禁された予告編は、「バス旅、まさかの映画化」というキートン山田のナレーションから始まる。台湾の風景と共に、3人が旅をする映像が映し出され、移動手段のバスの時刻表がないことに驚き、さらには台風も接近というハプニングが発生! 初の海外ロケで、映画ならではのスケールアップした映像と、スリリングな展開が期待できる映像となっている。



でこぼこコンビとマドンナのかけあいや、由紀さんの味わいのある主題歌と、見どころ満載の本予告編。史上最大の危機に見舞われる本作の、世界一ゆるくてガチで必死な旅を、まずは予告編から体感してみて。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』は2016年2月13日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top