忽那汐里、一人暮らしを始めて1年目! 食事は「基本的に自炊」と家庭的

最新ニュース

忽那汐里/「鴨川食堂」第1話完成試写会
  • 忽那汐里/「鴨川食堂」第1話完成試写会
  • 忽那汐里/「鴨川食堂」第1話完成試写会
  • 忽那汐里/「鴨川食堂」第1話完成試写会
  • 忽那汐里/「鴨川食堂」第1話完成試写会
女優の忽那汐里が18日(金)、都内で行われたNHKBSプレミアムの連続ドラマ「鴨川食堂」の第1話完成試写会に出席。日々の食事について聞かれた忽那さんは「基本的に自炊」と家庭的な一面をのぞかせた。

京都・東本願寺近くにひっそりとたたずむ、看板も暖簾もない鴨川食堂を舞台に、看板娘・こいし(忽那さん)と元刑事で京都料理人・流(萩原健一)が、悩みを抱える客たちのために理想の食事を振る舞っていく。

食へのこだわりを聞かれた忽那さんは「都内にいる時は基本的に自炊です。外食よりも家で食事する事が多い」と紹介し「一人暮らしを初めて1年が経過したところ。この1年でずいぶんお料理に慣れてきたと思う。もともとお料理は好きなので、疲れていても苦ではありません」と家庭的な一面をのぞかせた。

同作では、約12年ぶりに連続ドラマに出演する萩原さんと親子役で共演。忽那さんは萩原さんについて「カメラが回っていない時も常に話をしていて、現場のスタッフの方に“本物の親子のようだ”と言われるくらい。こんなに近い関係性を早くから築けることが出来て、現場での居心地が凄くいい」と全幅の信頼を置いているよう。

さらに「感覚的に鋭い方で、素直な方。一緒にお話をしていても、いつも嘘を感じない。撮影の合間には“こいし、人生とはなぁ”と語り掛けてくれたり…。貴重な経験です」とベテランとの疑似親子体験を楽しんでいる。

NHKBSプレミアム「鴨川食堂」は、2016年1月10日(日)22時スタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top