又吉直樹&佐藤浩市ら豪華顔ぶれ!二宮和也主演「坊っちゃん」

最新ニュース

又吉直樹/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
  • 又吉直樹/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
  • 宮本信子/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
  • 佐藤浩市/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
  • 小林薫/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
  • 浅野ゆう子/新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」
文豪・夏目漱石が亡くなってから100年という節目を迎える2016年に、「嵐」の二宮和也をはじめ古田新太、及川光博、松下奈緒ら豪華俳優陣を迎え名作をドラマ化する新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」。この度、宮本信子、佐藤浩市、小林薫、浅野ゆう子、又吉直樹ら主要全キャストが決定! 新春に相応しい豪華な顔ぶれが揃った。

夏目漱石の教師時代の実体験をベースに描かれた「坊ちゃん」。物語の舞台は明治時代。住み込みの女中・清から「坊ちゃん」と呼ばれ、短気で暴れん坊だが、うそが嫌いで直情型の正義感を持つ型破りな江戸っ子・坊ちゃんが、四国は松山の旧制中学校に数学の教師として赴任をすることに。そこで生徒や同僚の教師・赤シャツ、学校外の松山の人々とぶつかり合い大暴れする痛快なストーリーで、発表から100年以上経ったいまでもなお、世代を超えて多くの人を魅了し続けている漱石の代表作の一つだ。

キャステイングには、漱石没後100年というメモリアル・イヤーにドラマ化するに相応しい豪華な顔ぶれ集結。主人公の坊っちゃんを演じる「嵐」二宮さんをはじめ、坊っちゃんと意気投合する同僚の数学教師・山嵐を古田さん、マドンナを松下さん、マドンナとひそかに思い合う英語教師・うらなりを山本耕史、マドンナを横恋慕する教頭・赤シャツを及川さん、赤シャツの腰巾の画学教師・野だいこを八嶋智人、そして教師たちをまとめる校長・狸を岸部一徳が演じる。

今回、さらに物語を彩る豪華追加キャスト陣が発表された。坊っちゃんが小さい頃からずっと住み込みで働いている女中・清を演じるのは、民放ドラマ7年ぶりの出演となる宮本さん。二宮さんとは2度目の共演となるが、「今回、坊っちゃんを演じるのが二宮さんと聞いたとき、本当に良かったと思いました。二宮さんは坊っちゃんにピッタリですから。揺らいだり流されたりせず、とにかくまっすぐで素敵な方です。そんな二宮さんが演じる坊っちゃんの、育ての母と言うべき存在が清ですが、芝居では自然に2人の関係を演じることができたと思います」と語った。

そして、坊っちゃんが松山へ赴任するきっかけをつくった物理学校の校長を演じるのは、昨年放送された「オリエント急行殺人事件」で二宮さんと共演した佐藤さん。無鉄砲な教え子にほとほと手を焼いている折、松山の学校から教師として働く者はいないかと頼まれ、断ると思いながら坊っちゃんに聞いてみると、事も無げに松山へ行くと言い、あ然とする役どころだ。

小林さんと浅野さんが演じるのは、松下さん演じるマドンナの両親。江戸時代の“家が第一”という封建的な考えと、開国してもたらされた“個が第一”という自由な考えの間に揺れる明治という時代。教頭という立場にあり、学校で唯一の帝国大学卒業の文学士、ゆくゆくは町一番の名士になることを嘱望されている赤シャツからの求愛に、果たして両親はどう出るのか…? 名優が波乱の三角関係を大いに盛り上げることに期待したい。

最後に、著書「火花」で芥川賞を受賞し、単行本の累計発行部数は200万部を突破した「ピース」の又吉さんが、原作者である夏目漱石役を演じる。坊っちゃんの下宿先の隣の部屋に住んでおり、坊っちゃんのことがどうも気に掛かる…という役どころだが、「坊っちゃん」の世界に夏目漱石が登場するのは史上初の試み。プロデューサーの長部聡介は「“坊っちゃん”は夏目漱石自身が教べんをとった経験を基に書かれた小説です。もし、漱石が当時の自分たちを客観的に見ていたら、どのような感じであっただろうかと思い、この役を創ることにしました」と真意を明かした。

「坊っちゃん」は2016年1月3日(日)21時よりフジテレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top