“紳士なクマ”パディントンが、クリスマスプレゼントをもってシネマカフェ編集部を訪問!

最新ニュース

シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
  • シネマカフェ編集部に訪問したパディントン
映画史上もっとも“紳士なクマ”・パディントンが、クリスマスプレゼントを持ってシネマカフェ編集部を訪問! 来年1月の『パディントン』公開に向け、作品をアピールした。

舞台は、イギリスの首都・ロンドン。ペルーのジャングルの奥地からパディントン駅にやってきたのは、真っ赤な帽子を被った“小さな紳士”。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは、彼が“クマ”だから…!?

世界40か国語に翻訳され、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した本作。オリジナル版では『007 スペクター』のベン・ウィショー、日本語吹き替え版には松坂桃李が声優として配役され、悪役と思しき謎の美女を演じるニコール・キッドマンなど、豪華俳優陣の出演も話題の本作。すでに公開された本国イギリスでは、『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録し、アメリカを始め全世界で321億円を超える大ヒットを記録。映画批評サイト「RottenTomato」では「98%Flesh!」という高評価を得ている。

このほど、クリスマスシーズン真っ只中、パディントンがシネマカフェ編集部を訪問! 熊ならではのその大きな体躯に驚きの声が上がりつつも、英国紳士ならではの慇懃さに編集部からは「かわいい!」の声が。

クリスマスにちなんで、プレゼントを手渡すパディントン。さらに、ひとりひとりに丁寧に挨拶して回り、女性に対しては手の甲に口づけでジェントルマンっぷりを発揮! 次々と女性の心を鷲掴みしていった。

また、ジャングル出身のパディントンは見慣れないオフィスに興味津々。電話やパソコン、コピー機に触れてみるも、手を挟んだりかじってみたりと使い方がわからない模様…。

代表ともがっちり握手をしたパディントン。最後に、英国紳士らしく丁寧に挨拶するパディントンに拍手が沸き、映画史上もっとも“紳士なクマ”は編集部を後にした。

『パディントン』は2016年1月15日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top