ルパート・グリント、ホテル経営失敗に終わる

最新ニュース

ルパート・グリント-(C)Getty Images
  • ルパート・グリント-(C)Getty Images
  • ルパート・グリント
  • ルパート・グリント-(C)Getty Images
ルパート・グリントが自身経営のホテルを閉館していたことが分かった。

『ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのルパートは2011年、イングランド南部ハートフォードに1泊150ポンド(約2万5,700円)のリグスビーズ・ゲストハウスという名のホテルを購入していたのだが、閉館までの利益はたったの2,014ポンド(約34万4,000円)にしかならなかったのだという。

同ホテルの支配人を務めていたモリス・コックマン氏はフェイスブックに閉館のお知らせを掲載しており「数年間に渡って応援して下さった皆様に感謝したいです」と記されていた。

ある関係者は「The Daily Mirror Online」に対し、同ホテルが十分な利益を生むことが出来なかったため現在はこの建物をマンションへと作り変えることを検討していると明かしている。

ちなみにこの歴史ある建物は2003年にルパートの両親であるナイジェルとジョアンヌが97万5,000ポンド(約1億6,700万円)で購入したもので、ナイジェルが同ホテルの代表を務める一方でルパートは株主を務めていただけだという。

一方で同ホテルの裏にあるいまも運営中のリグズビーズ・ピアノ・バーは2014年末までに2万8,047ポンド(約477万円)の利益を出しており、ホテル経営よりはうまくいっているようだ。

ルパートは昨年11月に「HEAT」誌が発表したイギリスの芸能界における30歳以下高所得ランキングで2,780万ポンド(約51億7,400万円)の推定資産で7位にはいっていたため、ホテル経営の失敗は特に大きな問題ではなさそうだ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top