日本随一、国際的写真展「京都国際写真祭 2016」開催

最新ニュース

日本でも数少ない国際的な写真祭である「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」が4月23日より、普段は非公開の誉田屋源兵衛 黒蔵や、建仁寺塔頭 両足院など、京都市内にある10数会場で開催される。

第4回目となる2016年は「Circle of Life いのちの環」をテーマに、日本初公開を含めた気鋭アーティストの新作や貴重なコレクションの展示や、関連イベントやワークショップといった様々なプログラムを開催する。

「Coming into Fashion-コンデナスト社のファッション写真でみる100年presented by CHANEL NEXUS HALL」では、エドワード・スタイケン、ジョン・ローリングス、ウィリアム・クライン、ヘルムート・ニュートンといった写真家の作品が集結。『ヴォーグ(Vogue)』や『ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)』などの雑誌を通じ、100年以上にわたりファッション写真の傑作を世に送り出してきたコンデナスト社のアーカイブ作品が展示される。

また、クリス・ジョーダンが撮影した、ミッドウェイ諸島に流れ着いたゴミをエサと間違えて親に与えられた雛アホウドリの死骸に露出する、山盛りになったペットボトルのキャップを撮影したシリーズ「ミッドウェイ:環流からのメッセージ」も発表される。こちらでは2014年に他界したデザイナーのヨーガン・レールが浜辺に流れ着いたプラスチックゴミにメッセージを込めて製作したランプのインスタレーションも併設する。

このほかにも2013年にパリの自然史博物館で開催された個展にて話題となった、サラ・ムーンの新作「Alchemies」や、プランクトンの美しさをとらえたクリスチャン・サルデの最新作、2015年にグッゲンハイム研究奨励金を授与されたアルノ・ラファエル・ミンキネンの京都で撮り下ろした作品のほか、古賀絵里子、ティエリー・ブエットの作品も展示される。

また同写真祭では、数カ所の展覧会を巡る週末ガイドツアーやトークイベント、写真製作を学ぶクラスや、子どもも楽しめるスタンプラリーやワークショップなども開催される。

【イベント情報】
「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」
会場:京都市内10数会場(予定)
会期:4月23日~5月22日

「京都国際写真祭 2016」、コンデナスト社のアーカイブ写真から振り返るモード史100年

《HEW》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top