菅田将暉の“鬼ちゃん”、チャラさ封印で和太鼓披露「副業っす!」

最新ニュース

au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
  • au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇
圧倒的人気でCM好感度NO.1を獲得する「三太郎」シリーズの新CMで、“鬼ちゃん”こと菅田将暉が初めて主人公の座をゲット。いつものチャラくて超軽いノリを封印し、華麗なバチさばきで和太鼓を力強く披露、なぜか“雷さま”と化していることが分かった。

今回放送が始まる新CM「雷さま」篇では、まず、突然鳴り響く爆音の正体を確かめようと、勢いよく走り出した桃太郎(松田翔太)と浦島太郎(桐谷健太)と金太郎(濱田岳)が登場。雷がどんどん激しくなる中、たどり着いた先では、鬼(菅田将暉)が力強く和太鼓を叩いている姿を目撃するという展開に。

月明かりの森の中に、突如響き渡る和太鼓の音。「え? 何この音?」と言う桃太郎と、浦島太郎、金太郎の3人は、何事かと探るように辺りを見回す。一方、森の開けた場所にそびえ立つ、やぐら太鼓の上で、「ヤーッ!」と気合いの入った掛け声とともに太鼓を叩いていたのは、何とあの鬼ちゃん!? 太鼓の音がさらに力強さを増していくと、雲の流れがどんどん速くなり、「すげー雲!!」と空の異変に気付く金太郎。ついには月もすっぽりと雲に覆われる中、浦島太郎が音が聞こえてくる方向を見定め、「あっちだ!」と指を差す。

「行こう!」という桃太郎の掛け声を合図に、一斉に駆け出す三太郎。ゴロゴロと雷鳴が轟く空の下、三太郎が篝火に囲まれたやぐらのところへたどり着くと、いつもの周囲を和ませるあのチャラい雰囲気はどこへやら、まるで“鬼の形相”で太鼓を叩く鬼ちゃんの姿が。あ然とした表情で立ち止まり、「鬼ちゃんって…」「まさか…」と呟く金太郎と浦島太郎。ますます勢いを増す太鼓の音を聞きながら、桃太郎が「雷さま…?」と呟くと、太鼓を叩きながらおもむろに振り向いた鬼ちゃん、「副業っす!」と笑顔で返すのだった。

今回、シリーズ参加して初めての主役となった“鬼ちゃん” こと菅田さん。何と言っても、雷をバックに、力強いリズムで和太鼓を叩く姿は「カッコいい!」のひと言。公開中の『ピンクとグレー』ほか、3月公開『暗殺教室-卒業編-』など6本の映画に出演する菅田さんは、多忙な身ながら和太鼓の先生のもとで猛練習した上で、撮影に挑んだそう。

センスが良く、すぐに叩き方をマスターしたという菅田さん。現場では高いやぐらが実際に組まれ、篝火が取り囲むその上で巨大な和太鼓を演奏。堂々と和太鼓を叩く姿はまさに鬼気迫るものがあり、松田さんら三太郎やスタッフたちも思わず圧倒されるほどだったという。

au「三太郎シリーズ」新CM「雷さま」篇は1月30日(土)よりオンエア開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top