アカデミー賞4部門ノミネート!『ルーム』母子の愛を貫くポスタービジュアル解禁

映画

本年度アカデミー賞に「作品賞」ほか主要4部門にノミネート、さらに主演の若手女優ブリー・ラーソンがすでに40近い賞を獲得している衝撃作『ルーム』。このほど、“部屋”の内と外で愛を貫き通した母子の姿をとらえた、ポスタービジュアルが解禁となった。

閉じこめられた“部屋”で暮らす、ママとジャック。体操をしたり、TVを見たり、ケーキを焼いたり、楽しい時間が過ぎていく。この“部屋”だけが、2人の世界の全てだった。ジャックが5歳になったとき、母は“部屋”の中しか知らない息子に本当の世界を見せるため、脱出を図る。でも、2人がようやく飛び込んだ外の世界は、あまりにも大きすぎた――。

ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門「主演女優賞」、トロント国際映画祭では「観客賞」(最高賞)を受賞した本作。先日発表された第88回アカデミー賞では「作品賞」とともに、レニー・アブラハムソンが「監督賞」、ブリー・ラーソンが「主演女優賞」、原作者でもあるエマ・ドナヒューが「脚色賞」にノミネートされており、賞レースを席巻中だ。

解禁されたポスタービジュアルには、ブリー演じる若い母親と、ジェイコブ・トレンブレイ演じる息子ジャックが、晴れ渡る大きな青空を背景に抱き合う姿が描かれている。「はじめまして、【世界】」というキャッチコピーは、閉ざされた“部屋”から脱出した親子と、初めて知る“リアルな世界”との出会いを匂わせるものだ。

本作の基になったドナヒューのベストセラー小説「部屋」は、オーストリアやベルギー、アメリカ、ここ日本でも実際に起きた女性監禁事件に着想を得ている。小さな部屋で何年もの間、生活を送ってきた母と子。この“部屋”しか知らない息子に外の世界を見せるために、全てを賭けて脱出をすることに決めた母の決意と、強い絆で結ばれた母子の愛が、アカデミー賞に最も近いといわれる注目のブリーと、卓越した演技力で映画を観た全ての観客を夢中にさせている天才子役ジェイコブくんの姿から伝わってくるビジュアルとなっている。

『ルーム』は4月8日(金)よりTOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top