中島健人& 千葉雄大 「バーチー」「ケンティ」と呼び合う仲の良さ!シャワーシーンの褒め合いも

最新ニュース

累計70万部を超える大ヒットコミックを実写化する映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の完成披露試写会が2月1日(月)、都内で行われ、主演を務める「Sexy Zone」の中島健人、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太が駆けつけた。

「俺に絶対服従しろ」なんてセリフを言ってしまう悪魔級ドS男子・“黒悪魔”こと黒崎晴人(中島さん)を主人公に、そのドSな振る舞いに抵抗しつつ翻弄されるヒロイン・赤羽由宇(小松さん)と、黒崎くんの親友で女子の憧れの的“白王子”こと白河タクミ(千葉さん)たちが思い通りにならない恋愛模様を繰り広げる。

ファンの大歓声を浴びながら、登壇した中島さんは「今日は僕らの言いなりになってください」とドSぶりを発揮し、会場のボルテージは早々と最高潮に。王子キャラの中島さんにとって、今回の役柄は「自分にできるかなと思った」そうで、「まずは髪の毛を、次の日に心を黒く染めて。ふだん、そんなことはしませんが、後輩のジュニアがたるんでいたら、注意したり」と入念な役作り。実際、後輩にあたる岸さんが「健人くんは、台本をもらった翌日から黒崎くんになっていた」と明かすほど、気合いが入っていたそうだ。

一方、白河くん役の千葉さんは「僕の場合、ふだんから(白王子の部分が)あるので、そんなに役作りは大変じゃなかった」と不敵な笑み。その直後、「ウソです! ごめんなさい」と平謝りするお茶目な一面を見せていた。

劇中では正反対のキャラを演じた中島さんと千葉さんだが、舞台挨拶中はお互いを「バーチー」「ケンティ」と呼び合う仲の良さ。劇中のシャワーシーンを、互いに褒め合う“萌え”な一瞬もあり、ファンは再び大歓声をあげていた。

そんな“黒悪魔&白王子”について、女性陣は「私は黒崎くん派ですね。好きな子に意地悪するのが、小学生みたいでかわいい。白河くんは優しいけど、何考えているかわからない部分もあって…」(小松さん)、「私も黒崎くんですね。恋愛が長続きしそう」(高月さん)と黒悪魔=中島さんに軍配が! 二敗を喫した千葉さんは「子どもには、(白河くんの)魅力がわからないみたいですね」と負け惜しみを見せていた。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top