チャニング・テイタム、新作映画で妻仕込みのタップダンスを披露!

最新ニュース

チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン・テイタム-(C)Getty Images
  • チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン・テイタム-(C)Getty Images
  • チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン・テイタム-(C)Getty Images
  • チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン・テイタム-(C) Getty Images
  • チャニング・テイタム&ジェナ・ディーワン・テイタム/第72回ゴールデン・グローブ賞-(C) Getty Images
コーエン兄弟が監督・脚本を手掛ける『ヘイル、シーザー!』に出演しているチャニング・テイタム。この作品でチャニングはタップダンスに挑戦している。『ステップ・アップ』や『マジック・マイク』シリーズでストリートダンスやセクシーなストリップダンスを踊ったことはあるが、今回のタップダンスは彼にとって全く初めてのジャンル。

「The Insider With Yahoo」の取材に応じたチャニングは、練習中のちょっとした屈辱を語った。「2か月以上かけて練習した成果を妻(ジェナ・ディーワン・テイタム)に見せたら、彼女はiPhoneの動画を1回見ただけで同じことができちゃって。挫折感を味わったよ。でも一度恥をかけば、なんてことないよね」それからジェナはコーチになり、徹底的にタップを教えてくれたという。女優になる前はダンサーとして、ジャネット・ジャクソンなど、有名歌手のツアーやPVに出演していたジェナ。タップダンスもお手の物だ。

「New York Magazine」誌によると、映画で振付を担当したクリストファー・ガッテッリから「10年分のタップダンスの訓練を3か月でやってくれ」と言われ、休みの日も必死に練習したチャニング。しかし、劇中でタップダンスを披露する時間はどうやら6分間の模様。「6分のシーンのために、3か月の準備期間を費やしたのは初めてだよ!」と語っている。ジョシュ・ブローリンやジョージ・クルーニーも出演する『ヘイル、シーザー!』の日本公開は5月の予定だ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top