【特別映像】妊娠中も踊り続ける…プリンシパルの決意とは!?『Maiko ふたたびの白鳥』

映画

『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』
ノルウェー国立バレエ団のプリンシパル・西野麻衣子を追ったドキュメンタリー『Maiko ふたたびの白鳥』が、2月20日(土)より公開される。妊娠・出産を経てふたたび「白鳥の湖」の主役に挑戦する日本人バレエダンサーの姿に迫る本作から、妊娠中の彼女が大きなお腹を気遣いながらもレッスンに励む本編映像がシネマカフェにて解禁となった。

15歳で単身日本を離れ、名門ロイヤル・バレエスクールに留学。19歳でノルウェー国立バレエ団に入団。2005年、25歳で東洋人初のプリンシパルとなった西野麻衣子。172cmの長身と長い手足を生かしたダイナミックかつエレガントな踊りで、芸術活動に貢献した人に贈られる「ノルウェー評論文化賞」も受賞し、いまやノルウェーで知らぬ人はいないといわれるほど。

プライベートでは、オペラハウスで芸術監督をする夫・ニコライと暮らす彼女の素顔は、イキのいい大阪弁を話すパワフルな女性! 本作はそんな彼女がトップダンサーとして最も充実した時期に予期せず妊娠し、出産を経て、クラシックバレエでも屈指の難役である「白鳥の湖」の主演に再び挑戦する懸命な姿を追う…。

本作は、世界のトップで活躍する日本人バレエダンサーの美と技術を極めたプリマの姿と、女性が直面するキャリアと出産に悩み揺れる等身大の姿を描いたドキュメンタリー。また、彼女が最も尊敬する女性、パワフルな“大阪のおかん”西野衣津栄や、自身が育休をとり、復帰を決意した妻の背中を押す夫・ニコライなど、麻衣子さんを支える家族の絆にも迫っていく。

このたび解禁されたのは、妊娠中にもバレエのレッスンに励む麻衣子さんの映像で、出産直前の大きなお腹を気遣いながらも、真剣にトレーニングしている様子を映し出す。


妊娠5か月まで舞台に立ち、その後も舞台には立たなくとも、トレーニングを続ける日々。予定日より2週間早く産まれたこともあったが、なんと出産2日前まで踊っていたという。それも、「白鳥の湖」で復帰したいという気持ちがあったからこそ。映像の最後に、ライバルが多く、自分の代役がいくらでもいる世界で戦うことは、「この職業の運命よ」と言葉を強める麻衣子さんの目が印象的だ。

華やかで美しい表舞台の背後にある過酷な世界を、こちらの映像からも確かめてみて。

『Maiko ふたたびの白鳥』は2月20日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top