舘ひろし「あぶ刑事」現場に、女性を同伴? 柴田恭兵の暴露にファン大盛り上がり

最新ニュース

舘ひろし、柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 舘ひろし、柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 舘ひろし/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 舘ひろし、柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 村川透監督、舘ひろし、柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 舘ひろし/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 舘ひろし、柴田恭兵/『さらば あぶない刑事』大ヒット御礼舞台挨拶
『さらば あぶない刑事』の大ヒット御礼舞台挨拶が2月10日(水)、東京・新宿バルト9で行われ、主演の舘ひろしと柴田恭兵、村川透監督が登壇。ファンからの質問に応える形で、シリーズ30年間の“舞台裏”を明かした。

女性ファンから「いままでで一番の“あぶない”出来事は?」と質問された舘さんは、「セリフが4行以上あったこと」と告白。一方、柴田さんは「舘さんが現場に女性を連れてきたことがあって…」と暴露し、ファンは大盛り上がり! 当の舘さんはサングラス越しに照れ笑いを見せていた。

それでも舘さん&柴田さんの“あぶ刑事”コンビにとって、この日が最後の舞台挨拶だけに、普段はダンディ&セクシーな二人もしんみりモード。舘さんが「この作品で柴田恭兵という俳優に出会えて、刺激を受けたのはもちろん、ファンの皆さんに出会えたのはとても幸せ」と語れば、柴田さんは「シリーズが終わって、ユージを演じられない以上に、タカと会えないのがさみしい。まあ、舘さんとは会えますけど(笑)」とシリーズ完結に思いをはせた。

約10年ぶりに製作された劇場版の新作にして、シリーズ最終章にあたる本作。定年退職を5日後に控えたタカ(舘さん)&ユージ(柴田さん)が、凶悪な中南米マフィアとの戦いに身を投じる。

1月30日(土)に全国公開された本作は現在までに、観客動員60万人を突破。早くも前作『まだまだ あぶない刑事』(’05)の動員・興収を上回るハイペースでヒットを記録している。歴代6作品の総興収は82億円。ファイナル作の大ヒットを受けて、シリーズ累計興収100億円突破の可能性も出ており、「本当に皆さんのおかげです。ありがとう!」(舘さん)、「幅広い世代の皆さんに育てていただいた」(柴田さん)と感謝を新たに。村川監督は「スタッフを代表し、お礼を申し上げます」と挨拶していた。

『さらば あぶない刑事』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top