ケイト・ウィンスレット、友人ディカプリオのためにアカデミー賞出席

最新ニュース

ケイト・ウィンスレット&レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images
  • ケイト・ウィンスレット&レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images
  • ケイト・ウィンスレット
  • ケイト・ウィンスレット&レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images
ケイト・ウィンスレットは友人であるレオナルド・ディカプリオが受賞する姿を目にしたいため、アカデミー賞をボイコットするつもりはないそうだ。

ノミネート者における多様化の欠如を理由にウィルとジェイダ・ピンケット・スミス夫妻をはじめ、数多くのスターたちがすでに式典へ出席しない意向を明らかにしている中で、『スティーブ・ジョブズ』で助演女優賞にノミネートされているケイトはディカプリオが『レヴェナント: 蘇えりし者』で主演男優賞を受賞すると信じているため出席するのだという。

BBCのインタビューでケイトは「正直言って、女性にとって素晴らしい年だったと思うから私が行かなかったら私側の立場をがっかりさせることになると思うの。それにレオの年になるんじゃないかってことを強く感じているのよ。彼は世界一親しい私の友だちだし、その彼を応援しに行かないなんて考えられないの」と話した。

『タイタニック』で共演したディカプリオのことをケイトは先日も絶賛しており、「彼はしっかりしていて忠実心のある人よ。ずっと最高の友だちだし、それは私にとってというだけでなく、彼の周りにいる人みんなにとってよ。彼は『タイタニック』を作った時代の友だちといまだに友だちだしね。色んな意味で彼は変わっていないけど、ある意味ではとても変わったわ」。

「いままでになく力強い俳優になっていると思うわ。それにいままでになくハンサムだしね。それに私は彼がこれまでにないほど自分という人間に落ち着いていると感じるの。周囲で色んなことが起こっているところなのにそんな風に感じるのはおかしいかもしれないけどね。でもとても冷静で落ち着いているの。20年前とは違ったかたちでね」と語っていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top