佐藤健、宮崎あおいは「猫っぽい!」 気まぐれな距離感にドギマギ!?

最新ニュース

宮崎あおい、佐藤健/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 宮崎あおい、佐藤健/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 佐藤健、宮崎あおい/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 宮崎あおい、佐藤健/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 宮崎あおい、佐藤健/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 佐藤健、宮崎あおい/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
  • 宮崎あおい、佐藤健/『世界から猫が消えたなら』ヒット祈願イベント
佐藤健と宮崎あおいが2月14日(日)、猫好きの聖地であり、招き猫発祥の地ともいわれる東京・浅草の今戸神社を訪れ、映画『世界から猫が消えたなら』のヒット祈願の祈祷を受け、招き猫を奉納した。

海外でも出版され、コミック化もされるなど人気を呼び、累計発行部数100万部を突破した同名小説を映画化。30歳で余命わずかの僕の前に僕とそっくりの悪魔が現れる。大切なものと引き換えに1日の命を与えるというのだが…。

「生まれた時から猫がいる家庭で育った」と語り「生粋の猫派です!」と胸を張る佐藤さんは「ここで祈願ができて嬉しいです」とニッコリ。宮崎さんは「私は犬派なんですが…」と申し訳なさそうに語りつつも「猫も好きです。(祈祷を受けて)気持ちを新たにしました」とうなずく。

この日、2人は境内にてお参りしたのち、本殿で祈祷を受け、2体の招き猫を奉納した。映画の中にキャベツとレタスという2匹の猫が登場することにちなんでだが、猫の生態を知り尽くしている佐藤さんは当初、猫との共演について「気まぐれなので、かなり苦労すると心配だった」というが「共演した猫が本当にいい子でおそらく1回もNGがなかったと思います」と驚くほどスムーズに進んだと明かした。

佐藤さんと宮崎さんは初共演。佐藤さんは宮崎さんについて「この映画だからいうわけじゃないけど、猫っぽい!」と分析。「話すタイミングによって距離が全然違う。敬語で話したかと思ったら、次は『タケルちゃん』と呼んでくれて、嬉しくて踏み込んだら『佐藤くん』に戻ったり…」と宮崎さんの気まぐれな(?)猫らしさを明かす。宮崎さんは「スタッフさんは『タケルちゃん』と呼んでて、私は『佐藤くん』なんですけど、何かの拍子でつられて…(笑)」と説明した。

また、本作では南米ロケを敢行し、世界遺産のイグアスの滝でも撮影が行われた。佐藤さんは「アルゼンチンに行くまでが波瀾万丈で、40時間以上かかってトラブル続きでした」と明かすが、そんな中でも「宮崎さんはトラブルに男らしくて対応されていました。僕はふがいなくて、しっかりしなきゃと思いました…」と反省。

宮崎さんは、荘厳な自然を前にしての撮影に「滝の力を借りて進みました。自分がちっぽけな存在だと感じました。貴重な体験でした」と述懐。一方で「日本食が恋しくて恋しくて、画像検索をしてみんなで見てまして、それが(佐藤さんと)一番話したことでした(笑)」と明かす。佐藤さんは「一軒だけ、日本食が食べられるところがあり、最終日にそこでご飯を食べれて嬉しかったですし、(宮崎さんが)幸せそうでした」と“食”を通じて結束を強めたと振り返った。

『世界から猫が消えたなら』は5月14日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top