辛酸なめ子も「いつ恋」を絶賛!「どんなリア充よりもまぶしい 」

最新ニュース

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(C)フジテレビ
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(C)フジテレビ
  • 有村架純&高良健吾/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 西島隆弘/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 森川葵/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 高畑充希/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 坂口健太郎/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
有村架純、高良健吾を中心に、本格的ラブストーリーを繰り広げ注目を集める現在放送中のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。この度、本日15日放送の第5話について、漫画家・コラムニストとして活躍する辛酸なめ子からコメントが到着した。

本日15日放送の第5話では、音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)に誘われて屋上へ行く。朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。そこで朝陽は、「僕のことを好きになれば両想いをあげられる」と彼女に気持ちを伝える。小夏(森川葵)が練(高良健吾)に思いを寄せていることを知る晴太(坂口健太郎)は、「その恋を叶えてあげる」と言い出す。晴太は、練が地元に帰りたくなるようにすればいい、と小夏に助言した。音は仕事帰りのバスの中で練と出会うが、練は木穂子(高畑充希)と一緒だった。音は、バスを降りた練と木穂子が腕を組んで歩いていく後姿をせつなく見つめる。

練たちがアパートに着くと、部屋の中には小夏と晴太がいた。そこで小夏は、会津で暮らす練の祖父・健二(田中泯)が転倒してケガをしたことを伝える。練は、商店街もなくなってしまったために健二が買い物にも苦労していることを知り、ショックを受ける。音と玲美(永野芽郁)は、介護施設「春寿の杜」を経営する会社から、雇用契約の更新はしないという旨のメールを受ける。ふたりは、「春寿の杜」所長の神部(浦井健治)と話し合うものの、状況は変わるはずもなかった。そんななか、犬の散歩のために静恵(八千草薫)の家を訪れた音は、練と出会い、そこで音は健二のケガの事を知る…。

毎回ドラマが終わるごとに様々な反響が殺到する本作は、第1話放送終了以来「セリフに心臓をわしづかみにされた!」「忘れていたものを思いださせてくれました」「『いつ恋』のことが頭からはなれない」といったメッセージが多数寄せられ、また心をつかまれた名ゼリフや名場面をSNSに上げては「切ない!」「キュンキュンした」「こんなこと言われてみたい」と感動や共感の気持ちを共有するのが毎週恒例になっている。

そういった視聴者からの声を受け、今回は識者の意見を聞くべく、現代を鋭い視点で切り取り、漫画家やコラムニストとして活躍する辛酸さんに 試写を依頼。第5話を観た辛酸さんは「存在しているだけで助けてあげたくなる女子と、なぜか相手の方言を引き出し、出会う人を素にしてしまう男子。そんなミラクルな魔性の男女が出会ったら、肩書きや年収やモテファッションなど表面的なアピールには左右されない、本能的な恋に落ちるんですね。どんなリア充よりもまぶしいです」と外見ではない人の本質的な所を描いているとコメントした。

今夜放送の第5話は、2011年に生きる若者たちの日々が完結し、番組終盤で5年後に物語が移行するいわば「第1章完結」とも言える大事なポイントとなり、15分拡大で放送される。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は毎週月曜日21時~フジテレビ系にて放送。(第5話、15分拡大)
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top