佐藤健&神木隆之介そろって『バクマン。』観賞!「いい映画ですね~」

最新ニュース

佐藤健&神木隆之介&大根仁監督&川村元気プロデューサー/『バクマン。』特典映像-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 佐藤健&神木隆之介&大根仁監督&川村元気プロデューサー/『バクマン。』特典映像-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 佐藤健&神木隆之介&大根仁監督&川村元気プロデューサー/『バクマン。』特典映像収録風景-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』Blu-ray豪華版ジャケット-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 特典「この世は金と知恵」-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 「CROW」-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 「KIYOSHI 騎士」-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 「ラッコ11 号」-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 「味覚人少女美味」-(C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 -(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
大ヒットコミックを佐藤健&神木隆之介をW主演に迎え実写化した映画『バクマン。』の、Blu-ray&DVDリリースが4月20日(水)に決定。この度、豪華版の特典映像である、佐藤さんと神木さん、そして大根仁監督と川村元気プロデューサーによる「撮り下ろしビジュアルコメンタリー」の収録が行われた。

「DEATH NOTE」を手がけた原作・大場つぐみ&漫画・小畑健コンビが贈る漫画「バクマン。」。優れた作画能力を持つサイコーこと真城最高(佐藤さん)と、巧みな物語を書くシュージンこと高木秋人(神木さん)の高校生漫画家コンビが、日本一の発行部数を誇る「週刊少年ジャンプ」誌上で、個性あふれるライバルとしのぎを削る青春ストーリーが人気を博し、累計発行部数は1,500万部を超えている。そんな大ヒット漫画を実写化した本作は、第39回日本アカデミー賞にて優秀賞6部門受賞、そして話題賞(作品部門)を受賞するなど、再び大きな注目を集めている。

本作のBlu-ray&DVD化にあたり、豪華版の特典映像として、主演の2人と大根監督、川村プロデューサーによる撮り下ろしビジュアルコメンタリーの収録が决定。『バクマン。』公開後も本作の主題歌を務めた「サカナクション」のライブなどで顔を合わせていたという4人。「懐かしい感じじゃなくて、あーこの感じだ。とすぐ馴染んだ。気負うことなく楽しく収録できた」と話す大根監督や「部活みたいに、『おはようございます』、みたいな」と神木さんが言うように、和気藹々とした雰囲気で収録が行われた。また、監督とプロデューサーは最高と秋人のカラーに合わせて青と赤の服を着るという気合の入れようだったようだ。

収録がスタートすると、様々な撮影秘話が飛び交う展開に。小松菜奈演じる亜豆が登場するシーンでは、大根監督自らがカメラを持って撮影を行う“大根カメラ”のシーンだったそうで、佐藤さんが「オレをドキッとさせて、とか言って撮ってましたよね」と“ド変態プレイ”だったことを暴露。また、川村プロデューサーは、後半のある部分で「はじめの台本はこうではなかった」と話し、当初どんなシーンで描かれていたのかも語った。神木さんは、全体を通して自分の芝居はほとんど「素だった」と話し、2人の作業場となる最高の“おじさん”の部屋に入るシーンでのはしゃいだ芝居は「あれは、リハーサルでセットに入ったときと、同じテンション」だったと告白。映画もクライマックスに近づくと、4人は黙って見入ってしまうことも…。佐藤さんは「あらためて見ると、いい映画ですね~。」としみじみつぶやいた。

収録後、感想を聞かれると、「すごく情報量の多い映画。お芝居とか音楽とか美術とかライティングとか撮影とか、いろんな見どころがある映画」(佐藤さん)、「映画を見るのは公開以来だけど、ひとりで観るのとこうやってみんなで観るのとでは、違う。色々共有出来るし、発見も多かった。面白い気付きもあって、新鮮だった」(神木さん)、「端から端まで力を抜いていない。暑苦しいくらいに。監督も俳優もスタッフも全力でやっていて、“若気の至り”って感じがしました」「世界中でこんな映画を作るのは日本人だけ。マンガという日本人が積み重ねてきたカルチュアの上に乗っかっている映画だから、異常なディティールとか日本人にしか作れない映画になっている」(川村プロデューサー)、「辛口の評論家たちも“このまま海外に持っていくべきだ”と言っていたらしい」(大根監督)と、それぞれに何度観ても面白い作品に仕上がっていると自信を見せた。

豪華版には、このビジュアルコメンタリーのほかにも、映像特典として大容量のメイキング映像や、小畑先生による描きおろしの劇中マンガ「この世は金と知恵」「CROW」や、「KIYOSHI 騎士」「ラッコ11 号」「味覚人少女美味」全5作の第1話も読めるブックレットが付録。劇中に登場する“バックマンステッカー”も封入される。

『バクマン。』Blu-ray&DVDは、4月20日(水)よりリリース。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top