故エイミーのドキュメンタリー映画、グラミー賞受賞

最新ニュース

エイミー・ワインハウス -(C) Getty Images
  • エイミー・ワインハウス -(C) Getty Images
  • エイミー・ワインハウス -(C) Getty Images
  • エイミー・ワインハウス
故エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『Amy』(原題)がグラミー賞を受賞した。

2008年度グラミー賞において5部門で受賞したエイミーの人生と死を描いたアシフ・カパディア監督とプロデューサーのジェームズ・ゲイ=リースによる同ドキュメンタリー作品が、15日(現地時間)にロサンゼルスで行われたグラミー賞で最優秀音楽映画賞を獲得した。

同賞には「ミスター・ダイナマイト:ザ・ライズ・オブ・ジェームス・ブラウン」フー・ファイターズの「ソニック・ハイウェイズ」「ホワッツ・ハプンド・ミス・シモーネ」、ロジャー・ウォーターズの「ザ・ウォール」らもノミネートされていた。

薬物とアルコール依存症に苦しんでいたエイミーは2011年に27歳の若さでこの世を去った後、今回の受賞以外にも2012年にトニー・ベネットのアルバム「デュエット2」で歌った「ボディ・アンド・ソウル」で最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス賞を獲得している。

今回グラミー賞を受賞した『Amy』(原題)は14日(現地時間)、ロンドンで開催された英国アカデミー賞でも最優秀ドキュメンタリー賞を受賞している。

ロサンゼルスで行われたグラミー賞には出席できなかったカパディア監督だが英国アカデミー賞には出席しており、受賞スピーチの中でエイミーへの思いを語っていた。「最終的にすべてエイミーのことでした。この作品を作っているときに僕らはエイミーに完全に夢中になりましたからね。僕らの目的と使命は本当の彼女のことをみなさんに伝えることでした」「コントロールがきかなくなって少しクレイジーになってしまう前に、彼女がどんなに素晴らしく、賢くて、ウィットに飛んでいて美しい人物だったかを世界に見せるために」。

同ドキュメンタリー作品はエイミーの過去の記録、友人やコラボレーターたちの証言を基に、エイミーの人生とキャリアの時系列を追って構成された作品となっている。

多くの賞賛を得ている同作品だが、エイミーの父ミッチ・ワインハウスはこの作品が必要以上にエイミーが薬物と戦っていた部分に焦点を当て、さらには家族からこの依存症との戦いに対して十分なサポートを受けることができなかったと表現されていることから「とても心を傷つけられる作品」であると話していた。

『Amy』(原題)は今月行われるアカデミー賞にもノミネートされている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top