トム・ハンクス主演『インフェルノ』、10月に日米同時公開へ!

映画

『インフェルノ』新写真
  • 『インフェルノ』新写真
  • 『インフェルノ』新写真
  • ロン・ハワード監督&トム・ハンクス&作家ダン・ブラウン -(C) Getty Images
  • 『インフェルノ』で再び“ラングドン教授”を演じる、トムハンクス
  • 『インフェルノ』のヒロインに抜擢された、フェリシティ・ジョーンズ
  • シセ・バベット・クヌッセン/映画『インフェルノ』
  • オマール・シー/映画『インフェルノ』
  • イルファン・カーン/映画『インフェルノ』
『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続く、トム・ハンクス主演の大ヒットシリーズの第3弾『インフェルノ』の公開日が、日米同時の10月28日(金)に決定! 併せて、主人公・ラングドン教授を演じるハンクスと相手役のフェリシティ・ジョーンズの2ショット場面写真が解禁となった。

作家ダン・ブラウンによる大ベストセラー原作を基に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された謎に迫り、世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(’05)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号と秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(’09)に続く、待望のシリーズ第3弾となる本作。

今回、ハーヴァード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム)が解き明かすのは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に秘められた暗号の謎。イタリア・フィレンツェ、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡り、その知性を駆使して、ボッティチェリらの有名美術品や建築物の数々から暗号を読み解きながら、全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。

また、ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナに、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞「主演女優賞」にノミネートされ、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ『ローグ・ワン:ア・スターウォーズ・ストーリー』(原題)で主演を務めることでも話題のフェリシティ・ジョーンズ。監督はもちろん、シリーズ全作品を手掛ける名匠ロン・ハワードだ。

解禁となった場面写真1枚目は、美術品と観光客であふれるイタリア・フィレンツェの名所ウフィツィ美術館の廊下にいるラングドンとシエナ。いまにも駆け出しそうな2人が強い視線で何を見据えているのか、気になるところだ。2枚目は、薄暗い部屋の中で何かを指さすラングドンと、それを見つめるシエナ。ラングドンが手にするのは、詩人ダンテのデスマスクだ。その裏側に何か手がかりでも見つけたのだろうか…? 

なお、2月25日(木)にはダン・ブラウンによる原作小説「インフェルノ」(訳:越前敏弥)の文庫本が、角川文庫より上中下3巻で発売されることも決定。これまでの日本での発行部数は同単行本も合わせて驚異の1,440万部という超人気シリーズだけに、映画も再び大ブームを巻き起こしそうだ。

『インフェルノ』は10月28日(金)、日米にて同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top